見出し画像

どんな人と繋がって行きたいか

神聖幾何学アーティストHiroのワクワクの初記事です。
どうぞよろしくお願いします💖

今日ブログで、何年かぶりでオルゴナイト以外のワークショップ開催の告知をさせていただきました。
バッキーボールのワイヤークラフトアート。
有難いことに、東京開催の問い合わせをいただいておりますが、現時点では石垣島開催のみとさせていただきます。

その理由の一つは、このワークはハンダを使っての作業になるので、温暖で風通しの良い石垣島のアトリエのベランダで作業したいということです。海が見えるので、とっても氣持ちがいいんですよ^^

そしてもう一つの大事な理由は、「無条件で今すぐ自分自身を楽しませる時間を持てる、もしくは持ちたいと思っている人」と繋がって行きたいということです。

石垣島在住の方は別として、同じ日本とはいえ端っこの石垣島に来るってそうそう容易ではありません。家族や会社や勤め先等との調整をしたり、お金の準備をしたり、知らない土地であればリサーチも必要でしょう。しかも不便そうなところであればなおさらですね。
自分を喜ばせる選択を後回しにする理由なんていくらでも作れちゃいます。
・お金が出来たら
・家族がOKしてくれたら
・休暇が取れたら
・子どもが大きくなったら
・将来の不安がなくなったら
・罪悪感を感じないでいられるようになったら
なんて条件をクリアしなければ、自分自身を喜ばすことは出来ないという方は多いのではないでしょうか。
もちろんその方が社会的にも経済的にも思慮深い大人の感覚なのかもしれません。私自身もそうでしたし、今でもそういう部分があります。

ただ、将来の不安をなくすために選択している今は、本当に将来の不安を無くしてくれるのでしょうか?
今目の前にある人生が、あらゆる選択の結果なのだとすれば、今までと同じ選択を繰り返すことが本当に自分や自分の大切な人を幸せにすることなのでしょうか?

と、ここまで書いといて・・・

よく、人は無限の可能性に向かってチャレンジするよりも、想定内の苦しみを選択する生き物だと言われます。
私はこの言われ方が嫌いです(笑)
何となく責められているような氣がしませんか?
もちろん私の被害妄想ですけどね(´艸`*)フフ
でも、「それでいい」という選択もあると私は思います。想定内の苦しみを選択して、変化を拒む人生がまるで悪いことのように扱われることもありますが、「それの何が悪い!」くらいの感覚でいいんじゃないかと。

どっちやねんって感じになっていますが、私が一番大事にしているのは「安心感」です。「それの何が悪い!周りにゴチャゴチャ言われるようなことじゃない!」って一度開き直ってみてから、そこで自分軸にふれた安心感の様なものを受け取ってみて、改めてどうしたいのかに立ち戻ってみるのもいいのかなと。

そして、無条件で今すぐ自分自身を楽しませる時間を持てるようになりたいなと思われる方と私は繋がって行きたいなと思っています。
その時に、石垣島のワークを選んでいただけたらとても嬉しいです。
ここでは、そんな方にオルゴナイトの魅力や神聖幾何学の話などを交えて語りかけていきます。
そのうち有料記事も書いていきますので、そちらもよかったらお付き合いくださいね。
それではどうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
『Play Pray Place〜スピリチュアル・リトリート〜』 ツインソウルの夫と一緒に、宇宙意識に目覚めるための石垣島リトリートを提供。 独自の手法でオルゴナイトと神聖幾何学を融合させ、オルゴナイト作家としても活動中。 現在、東京(新宿)と石垣島(野底)を拠点としている。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。