ポンコツ妻の徒然白杖記

網膜色素変性症と難聴を併発する指定難病「アッシャー症候群」で中途視覚障害者に。身体障害者手帳2級の白杖ユーザー。かろうじて仕事は続けているがこの先更に悪化したら人生どうしようか迷える子羊もといおばちゃん。

ポンコツ妻の徒然白杖記

網膜色素変性症と難聴を併発する指定難病「アッシャー症候群」で中途視覚障害者に。身体障害者手帳2級の白杖ユーザー。かろうじて仕事は続けているがこの先更に悪化したら人生どうしようか迷える子羊もといおばちゃん。

    最近の記事

    note始めてみました。

    初めまして、ポンコツ妻と申します。 30代後半で「網膜色素変性症」という難病の診断を受け、その後2020年に、 この病気と難聴を併発する「アッシャー症候群」でもあるという診断を受けました。 この病気は徐々に視野が狭くなり、視力も落ちていくもので、現在有効な治療法は確立されていません。 私自身、徐々に症状が進行し、現在は視覚障害2級で白杖を持ち歩いています。 矯正視力は0.3~0.4程度なので、眼鏡と外付けの大型ディスプレイ、 拡大ルーペ等を使えばPCもスマホも使え