2021/2/4 末広亭 夜
見出し画像

2021/2/4 末広亭 夜

途中から
林家きく麿:おもち
米粒写経
柳家小せん:馬大家
春風亭一朝:鮑のし
林家正楽(相合傘・鏡味仙三郎社中・北京オリンピック)
橘家文蔵:転宅

客入りはそれなり。1月下席がおかしかっただけで。

やっぱり、古典落語って面白いよね。

一朝師匠 鮑のし 甚兵衛さんの啖呵で終えてた。

正楽師匠に「鏡味仙三郎社中」を切ってもらう。
末広亭のクリアファイルに入れて頂く。


文蔵師匠 飲み食いの仕草見てるだけで飲みたくなる。
しかし、優良店は夜席終演後には開いてない現実。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
北海道釧路市出身。千葉県在住。趣味は落語を聞きに行くこと、適度な飲酒、ラジオを聞くこと、銭湯に行くこと。