見出し画像

米国の兵士は、2021年までに軍事化されたARヘッドセットを現場で着用する可能性があります

オールインワンAR表示は、武器の表示、コンパスの方向、敵の位置等を示します。

Army Timesの報告によると、米陸軍の兵士と海兵隊員は、早ければ2021年までに、頑丈な拡張現実ヘッドセットを現場で着用する可能性があります。
統合ビジュアル拡張システムと呼ばれるこれらの軍事化されたMicrosoftHoloLensヘッドセットは、現場での兵士の効果を高めるように設計されたさまざまな戦術オーバーレイを備えています。これには、武器の照準器のビュー、コンパスの方向、夜と熱の照準器、味方と敵の位置、およびその他の有用なヘッドアップ情報が含まれます。

画像1

「小隊全体が地図上に投影されている場所を確認できます。小隊長としての私にとって、窓の外に出る当て推量がたくさんあるので、それは素晴らしいことです」と、第501パラシュートのメンバーであるニコラスクリストファー中尉は言いました。約1,000人の他の参加者と一緒にIVASをテストした歩兵連隊。「無線を介した口頭でのコミュニケーションはたくさんありますが、もうする必要はありません。とてもしっかりしています。これが私たちの戦い方にどのように大きな影響を与えるかがわかります。」
上記の機能に加えて、IVASはミッション計画段階でも使用できるため、ユーザーは3D地形図をアップロードして、簡単な偵察やドローンスキャンの後ですばやくキャプチャしてダウンロードできます。ドローンと言えば、最近の外出のテスト参加者は、マイクロドローンと組み合わせてゴーグルを使用し、ヘッドセットを通してリアルタイムで表示できるリモート偵察任務を実行できるようにしました。

画像2

米軍は、陸軍特殊部隊、レンジャー、第25歩兵師団、第10山岳師団、第82空挺師団および海兵隊の兵士と一緒に25回以上のテストを実施しました。最新のものは、バージニア州フォートピケットでの72時間の大規模な企業規模のトレーニングミッションで、ミッションの計画、ナビゲーション、「迅速な目標捕捉」、そして非常に恐れられていた「トレンチクリア」が含まれていました。
米陸軍は、これらのオールインワンARゴーグルを約40,000ペア購入する予定であり、2021年後半にフィールド展開を計画しています。これらは、特殊部隊の工作員、エンジニア、スカウト、予備部隊など、多数のサービス部門に配布されます。

(参考)https://vrscout.com/news/us-soldiers-militarized-ar-headsets-2021/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日の運勢:大吉
1
IT領域の中でもデジタルツインに特化したベンチャー企業。AR・VR・MRの領域を主に、気になる国内外のテクノロジートレンドを発信します。