国産のディープラーニングの未来を背負うPerl + SPVM

国産のディープラーニングの未来を背負うPerl + SPVM。

国産のディープラーニングの未来を背負うPerl + SPVM。Perl/SPVMという配列処理と数値計算をC/C++レベルに高速化できる仕組みの上に、ディープラーニングのロジックを乗せようと計画をPerlゼミは、立てている。

Perlは、GAFAに吸い込まれないという稀有な特徴を持っているプログラミング言語。

これはまさに、国産のディープラーニングの未来を背負うものとなるでしょう(えへへ)。

PythonのChainerと一緒に共存していきたかったねぇ。

がんばれ、負けるな、国産ディープラーニング。



1
メンターマン。 ITエンジニアは、目と頭と心が疲れます。メルタルヘルス改善に取り組む。メンターマンです。 「めんたま、たまたま、メンターマン!」みなさまご一緒に。