見出し画像

過疎地のオンライン授業は、なかなかアリだ。

近しい友人から聞いた話。

その友人にはお子さん(小学生)がいて、オンライン授業の実施を探るためのアンケート依頼が、小学校から届いたという。

で、アンケート結果、

「PC、タブレット、スマホなどの端末」
「通信制限のないインターネット環境」
の両方が○の家庭は64%だったため、現段階ではオンライン授業の実施は困難と結論します。

という連絡が来たという。


それを聞いて思ったのは、
「64%。まあそんなもんだろうな」
「100%じゃないことはわかり切っていたことなので、アンケート集計は、オンライン授業をやらない口実づくりだったのかな(休校期間ももうすぐ終わるし)」
ということ。

でもその友人はさらに一歩先を考えていて、
「オンライン授業ができる64%にはオンライン授業を行い、残りの子どもは学校で対面授業を行ったらいい」と言う。

あー、なるほど、と思った。

まず第一に、〝「密」を避けつつ、学校の教育を届ける”のが目的なら、全然ありだから。
「全員オンライン」か「全員登校」は、あくまでも教育を届ける手段に過ぎないのに、どうしてもどちらかしかないように思いこんでしまうのは気をつけないといけない。

ちなみに、「オンライン授業ができる64%にはオンライン授業を行い、残りの子どもは学校で対面授業」にはコロナ期だけにとどまらない可能性がある。

まず思いつくのは過疎地の学校問題。
今は、極めて少ない子どものために、学校という建物を維持し、先生たちを送りこみ、通学バスを走らせているところも多い。
オンライン授業がありになると、これらにかける公費も必要なくなる。

また、パーソナルな面でも、今までは学校が無いところには住めなかったのが、どこでも好きなところに住めるようになるし、保護者の車での送り迎えの負担も無くなる。

すべての過疎地でこれらのメリットが当てはまるとは思わないけど、かなりハマりそう。

また、今でも過疎地は学校の合併などのため、公共バスで通う子(家から遠い家庭が多い)の運動不足が問題視されていたりもするので、学校は体育とコミュニケーション能力を高めることを目的に使われる場所になるかもしれない。

「オンライン授業と対面授業を両方ありにする」。
ちょっとした思考実験だけど、可能性がたくさんありそうで面白い。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わ、うれしいです!
10
教育事業、地域ブランディング、編集と執筆。インタビューとライティングのWS「LOCAL WRITE」/房総すごい人図鑑/著書『小商いで自由にくらす』(イカロス出版)/執筆媒体は『ソトコト』ほか多数。http://isokiatsuhiro.com/
コメント (3)
はじめまして。教育業界にいる者です。なるほどなあと思いながら読ませていただきました。

ワタシ達の教室では休校せずにオンラインに移行しました。学習機会は維持できました。学習塾ですからね、これで良いかと思ったのですが保護者から「塾で勉強できずに寂しそうにしている」と聞き、はっとしました。

特に情操教育など教科書では教えてくれない事がいっぱいあるのだ、と。

コロナウィルスは色々と考えさせられます。
はじめまして。
学習塾をオンラインに移行されたんですね。
子どもの学習機会を失わせないこと、とても大切です。
おっしゃるとおり、対面だからこそ学べること(学習以外の総合力)も本当にたくさんありますよね。

「対面でしかできないこと」
「オンラインでしかできないこと」
両者のメリット&デメリットを洗い出して、
それぞれ最大化と極小化を考えていきたいですね。
ありがとうございます。
はい。オンラインにして、いつもとは違う笑顔を見せる子や、不登校になった子がオンラインになって戻ってきたりとオンラインの役割もあると感じています。

帰属意識の高い子どもたちが多い塾なので、オンライン自習室と言う名のコミュニティを作ったら毎日顔見せに(サイトに)きて勉強してます。

今後はオンライン、オフラインの可能性を探って行きます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。