見出し画像

新生児期の保湿はオイルでも良いですか?

プロローグ1 「新生児期から保湿剤を塗る」という方法が普及してきています。

新生児期から保湿剤を定期的に使用すると、アトピー性皮膚炎や皮膚トラブル、そしておむつ皮膚炎の発症を予防するという考えかたは一般的なものになってきました。



プロローグ2 何を塗るといいのか?

しかし、「何を塗るのか」に関してはこの原稿を書いている段階では未だに結論はでていません。それぞれの効果を比較する「ランダム化比較試験」が不足しているのです。


コストを比較した報告はあります。

軽症~中等症のアトピー性皮膚炎患者39人に対し、グリチルリチンを含む保湿クリーム、セラミドを含む保湿クリーム、ワセリン系保湿剤を比較して効果に差はなく、コストはワセリン系の保湿剤が最も安価だったという報告があります。


一方、セラミドが有効かもしれないという、「理論的な」報告は少なからずあります。

Sugarman JL, Parish LC. Efficacy of a lipid-based barrier repair formulation in moderate-to-severe pediatric atopic dermatitis. J Drugs Dermatol 2009; 8:1106-11.


また、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐために、「保湿成分が含有されていた方が良い」というランダム化比較試験もあり、もし購入されるのであれば保湿成分が含まれた方が良いと、私は考えています。


なお、上記の報告でも言及されている「EpiCream」はAmazonでも取り扱いがありません。海外のサイトでみつけることができますが、極めて高価でした(30mlで300$以上!)ので、普通は使用できるような保湿剤ではありません。


良く尋ねられるのは、「オイルはどうでしょうか?」とういう質問です。

保湿剤がどれがいいか?に決着がついていない以上、オイルを選択肢とできるかもしれません。

そして、「天然オイル」を選択される理由として、患者さんは、「天然由来」のほうがリスクが低いと考えることが多いからです。もしオイルが有効で害がないのであれば、診療に有用でしょう。

そこで今回は、赤ちゃんに対し、オイルがどれくらい皮膚炎の発症を減らすのか、害はないのかを考えてみたいと思います。


この記事は「医療関係者向け」です。でも、ご興味がある方はだれでもOKだと思います。



======================================


第1章 新生児に天然オイルを使用したランダム化比較試験にはどのようなものがありますか?

 1.1 オリーブオイル

オリーブオイルに関しては、ランダム化比較試験が実施されています。

この続きをみるには

この続き: 3,912文字 / 画像6枚

新生児期の保湿はオイルでも良いですか?

ほむほむ@アレルギー専門医

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteでは、ブログでは書いていない「まとめ記事」が中心です。 この記事よかった! ちょっとサポートしてやろう! という反応があると小躍りします😊

ありがとうございます!
33
日本アレルギー学会専門医・指導医。日本小児科学会専門医。 様々な医療サイトで執筆中。出典が明らかな医学情報の共有で皆さんの幸せにつながりますように。 ※特定の団体の意見を代表していません。 ※ヘッダー&アイコンは青鹿ユウさん。

この記事が入っているマガジン

子育て
子育て
  • 4本
コメント (1)
メッセージありがとうございました。
これからも、応援しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。