見出し画像

配当金で毎月お小遣いをG E T!その裏技を公開♪

「毎月お小遣い」って魅力的な響きですよね。株主になると企業業績によっては配当金を受け取ることができるのは、ご存知の方が多いでしょう。日本の場合、配当金が支払われるタイミングは、株主総会後の期末配当の年1回、もしくは中間配当と期末配当の年2回がほとんどです。

一方、株主重視の傾向が強い米国では、四半期ごとに年4回の配当を実施する企業が多くあります。また、配当金の支払いも日本に比べ、決算期が集中していないため、各月に散らばっています。このため、配当金の支払い月の違う銘柄を組み合わせることで、毎月配当金を受け取ることが比較的簡単にできます。

米国株は、四半期ごとに配当金の支払いが行われるので、配当金支払い月を、1月/4月/7月/10月グループ、2月/5月/8月/11月グループ、3月/6月/9月/12月グループの大きく3つに分けることが出来ます。これらのグループから、最低1銘柄ずつ購入し、株主となれば、毎月配当金を受け取ることが可能です。

各グループの代表的な高配当銘柄をまとめると以下のようになります。なお、配当月が変則なものもあるので、変則グループとして記載します。

【配当月毎のグループ】

画像1

画像2

画像3

画像4

【銘柄の選択】

 各グループからの銘柄の選び方ですが、ポートフォリオなので、以前も述べたように正解はなく、各自の投資スタンス次第です。
ただ、同じセクターは、株価が同じような値動きをする傾向があるので、セクターはあまり重ならない方がいいでしょう。そのうえで、配当金を得ることが主な目的と考え、高配当銘柄重視なら、例えば、以下のように銘柄を選択することができます。

配当重視?バランス型?

◉配当重視

<1月、4月、7月、10月 グループ>

⇨ フィリップモリス(生活必需品)

<2月、5月、8月、11月 グループ>

⇨ アッヴィ(ヘルスケア)

<3月、6月、9月、12月 グループ>

⇨ ブロードコム(情報技術)

 また、景気の循環(回復期、好況期、景気後退期、不況期)を考慮し、以下のように、それぞれの局面で強い銘柄をポートフォリオにバランスよく入れるものいいでしょう。

◉バランス型

<1月、4月、7月、10月 グループ>

⇨ JPモルガン・チェース(金融、回復期)

<2月、5月、8月、11月 グループ>

⇨ キャタピラー(資本財、好況期)

<3月、6月、9月、12月 グループ>

⇨ シェブロン(エネルギー、景気後退期)

<変則 グループ>

⇨ ウォルマート(生活必需品、不況期)

 なお、配当金をもらうためには、配当を受けられる権利が発生する日に株式を保有することが必要になります。
この日を「権利付き最終日」といいます。米国株は、銘柄ごとに「権利付き最終日」が異なるので、各社のHP等で確認しておきましょう。

P証券APPはこちら

画像8

PayPay証券TWフォローはこちら

本内容のご利用にあたり、お客様にご確認いただきたい事項を以下に記載いたしました。
《ライターによる宣言》
私、佐藤隆司は本調査資料に表明された見解が、対象企業と証券に対する私個人の見解を正確に反映していることをここに表明します。
また、私は本調査資料で特定の見解を表明することに対する直接的または間接的な報酬は、過去、現在共に得ておらず、将来においても得ないことを証明します。
《利益相反に関する開示事項》
●エイチスクエア株式会社は、PayPay証券株式会社との契約に基づき、PayPay証券株式会社への資料提供を一定期間、継続的に行うことに対し包括的な対価をPayPay証券株式会社から得ておりますが、本資料に対して個別に対価を得ているものではありません。
また、銘柄選定もエイチスクエア株式会社独自の判断で行っており、PayPay証券株式会社を含む第三者からの銘柄の指定は一切受けておりません。
●執筆担当者、エイチスクエア株式会社と本資料の対象企業との間には、重大な利益相反の関係はありません。
金融商品取引法に基づく表示事項
●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。
●CFD取引は、金融商品取引法において不招請勧誘禁止の対象となっている店頭デリバティブ取引であるため、お客様より事前に要請がない限り訪問・電話による勧誘はできない取引です。また、CFD取引は、証拠金の額を上回る取引を行うことが出来ることから、場合によっては、大きな損失が発生する可能性を有しています。また、その損失は、差し入れた証拠金の額を上回る場合があります。本取引の内容等を十分ご理解の上、お取引いただきますようお願いいたします。
免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社及びエイチスクエア株式会社は一切の責任を負いません。
l 電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。

PayPay証券株式会社
https://www.paypay-sec.co.jp
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2883号


59
PayPay証券株式会社の公式noteです。 日米株APPはこちら:http://bit.ly/3sjrtPL