スクリーンショット_2019-10-05_20

「魅惑の心理」マガジンvol.4(日本人の不思議な信仰心「神の目効果」)

宮城県のある町にある道路が通行中に捨てられたとみられるペットボトルやプラスチックごみが散乱していました。近所の廃棄物処理企業が毎年、ボランティアで清掃活動に取り組み、監視カメラも設置したが、ポイ捨ては減らなかったのです。この状況をどうにかできないかと同社が鳥居を設置したところ、不法投棄対策に大きな効果があり、ごみのポイ捨てが劇的に減ったそうです。

また関西の大学がポイ捨を抑制する実験を行い、飲料の自動販売機の下にミニチュアの鳥居を設置したところ、空き缶、空き瓶のポイ捨てに対して優位な差は見られなかったといいます。この二つの効果から、日本人のおもしろい性質が垣間見えてきます。

スクリーンショット 2019-10-13 17.10.25

まず人はどのような心理状態でポイ捨てをするのかというと、周囲にゴミがすでに捨ててあったり、ゴミ箱がないから捨てられないという理由で躊躇しながらもゴミを捨ててしまう心理が生まれます。ゴミ箱がいっぱいの場合は、ゴミ箱を整備していないほうが悪いと罪悪感を持ちながらもゴミを捨ててしまいます。原宿、渋谷でタピオカの空きカップはこうした状況であると思われます。ポイ捨てを正当化できる理由があるとポイ捨ては重なっていく現象が生まれます。これがゴミが溢れてしまう理由です。

では最初の一つ目はどう捨てられるのでしょう。ポイ捨ては悪いことであると強い罪悪感を持って いるものの、ゴミを持ち歩くことが不便であるという感情がまさってしまうために、ついポイ捨てをしてしまう。そんな心理が考えられます。このふたつの状況で、初期のポイ捨てよりも、後から捨てられるポイ捨てが加速度的に増えると考えられます。

こんな心理状態のところに、鳥居があると「バチが当たるのではないか?」という不安が強く生まれます。元々は罪悪感を持っているのです。日本人は特定の宗教を持っていないか、意識していない人が多くいます。しかし漠然とした神様を信じている傾向があり、初詣や合格祈願はそうした行動のひとつです。こうした都合の良い信仰心下でも「バチが当たるのではないか?」という不安があり、人はわざわざ鳥居の前で捨てることはないと考えるのです。信仰心は強くなくても、漠然と神の目を信じてバチがあるのを恐れている。これの心理をポーポーは新しい心理効果として「神の目効果」と呼んでいます。

ではこの神の目効果のメカニズムを深く見て、応用への考察に繋げていきましょう。

[目次]
◎ポイ捨てと損失回避性
◎自販機の鳥居が機能しなかった理由
◎神の目効果はこう応用したい


この続きをみるには

この続き:2,124文字
記事を購入する

「魅惑の心理」マガジンvol.4(日本人の不思議な信仰心「神の目効果」)

ポーポー・ポロダクション

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援していただいてありがとうございます。 みなさまからいただいたサポートは研究やコンテンツ開発に活かしていきたいと思います。

感動です
7
心理学研究者/心理学をビジネスで活用する心理コンサルティング/代表書籍「マンガでわかる行動経済学」(6刷)「マンガでわかる心理学」(14刷/si新書累計1位)など累計21冊、著書累計142万部。新刊「色と性格の心理学」(4刷)  http://www.paw-p.com/

コメント2件

こんにちは。信仰心についてはわたしもたまに考えることがあります。
わたしは特定の宗派には属していませんが、宗派や人智を越えたなにか大きな存在があるのではないかと漠然と思っています。
辛いこと、理不尽なことが起きても「もしかしたら何かの計らいなのか?」と思うことによって自分の成長に繋げてきたこともあります。ただ、確信も証明もできないため、「自分が勝手に思ってること」として自分どまりになっています。
この「大きな存在」を少しずつ明確にして、人にも伝えていけるようになったら、必要以上に人を恨んだりすることがなくなるのでは?と思っています。
その存在を心のどこかに置いておくかどうかが、大きな分かれ道(これからの変化)になる気がしています。
ただ、伝え方に気をつけないとただのアヤしいオカルトになってしまうので難しいのですが…
私も近いものを持っていますね。神様は見たとこはないので特別信じていませんが、神様の力みたいなものはよくよく感じます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。