必要十分な5つのインジケーターの種類と使用目的・基本的見方
見出し画像

必要十分な5つのインジケーターの種類と使用目的・基本的見方

オンライントレード講座『バウハウス』

投資に必要十分な5つ(厳密には6つ)のインジケーターについて、それぞれをどんな目的で使うのか、どのように見るのかを解説します。

①移動平均線

画像2

1つ目の移動平均線は、インジケーターの中でも最もポピュラーなものです。私が提供するインジケーターは、見た目は同じように見えますが、実は一般のものとは根本的に作りが異なります。

そのことがどういうことか、文章でお伝えするのが毎回とても困難なので、わかりやすく短時間でまとめた動画を作ってもらいました。
まずはその動画をこちらからご覧ください。

水平線やフィボナッチなどの水平抵抗帯、トレンドラインや平行チャネルなどの傾斜した抵抗帯の代わりに価格感応度の高い移動平均線が予め自動表示され、時間足を切り替えても全く頭が混乱しない仕様になっていますので、今までとは全く異なる目でチャートを眺めることができるようになります。

サブスクでご利用になりたい方はこちらからお申し込みください。

②ボリンジャーバンド

画像2

トレンドの発生具合を確認することができるボリンジャーバンドも多くの投資家が好んで使用するメジャーなインジケーターです。
このボリンジャーバンドについても私が提供しているインジケーターでは一般のものと異なっています。

取引に必要なボリンジャーバンドは短期のものですが、上位の足でどのようにトレンドに偏りが生じているかを同時に把握して、大きなトレンドに乗るために、短期と長期のボリンジャーバンドを重ねて表示しています。

①②について解説している動画がありますので、参考にどうぞ。
https://youtu.be/sipZeROSqVs
https://youtu.be/uXx00oS4kCo

①の移動平均線と②のボリンジャーバンドを同時に表示できるインジケーターが『LIZ_TimeDimenSion』というインジケーターになります。

(サブスクでご利用になりたい方はこちらからお申込みください)

また①の移動平均線だけを表示するインジケーターが
『LIZ_EMA』というものです。このインジケーターは元々前述の
『LIZ_TimeDimenSion』の補助ツールとして開発されましたが、単独でも十分使用可能です。
『TimeDimenSion』では表示されない文字表示機能が搭載されています。

文字表示の内容
(A:各時間足に表示される移動平均線の期間設定)
(B:売買基準線と価格の位置関係による売買基準合否)
(C:短期・中期ボリンジャーバンドと価格の位置関係によるトレンド状況)
(D:2組ずつの移動平均線ペア3つの種類と並び情報)

(サブスクでご利用になりたい方はこちらからお申し込みください)

③ストキャスティクス

画像3

オシレーターとしてメジャーなインジケーターのストキャスティクス。オシレーターにはRSIなど様々なものがありますが、同じようなものを沢山並べても意味がありません。

多少違っても大体同じような表示になるため、1つだけチョイスしたのが、このストキャスティクスです。

私が提供しているものは短期と中期2本のストキャスティクスが重ねて表示できるようになっています。

他の一般のものとは違いがあります。先ほど書いた移動平均線の状況に応じ背景の色が変化しトレンドの基調が上昇傾向か下落傾向かを示してくれます。


その情報と、短期ストキャスティクスの示す状況が、分析しなくても文字で表示されるようになっているため、まだ分析ができない方にも今の状況が文字を読めばわかるようになっています。

短期ストキャスはトレンドに関係なく、常に使うオシレーターです。高値買い安値売りを防止し、適正なエントリータイミングをつかむ時に見ます。

また中期インジケーターは、レンジ相場や波打ちながら上昇(下落)するような相場つきの際、逆張りする時使います。

使い方を詳しくご説明した動画がありますのでご興味ある方は
こちらからご覧ください。

(サブスクでご利用になりたい方はこちらからお申し込みください)

④ADX+DMI

画像4

ADX+DMIはインジケーターの中でも最も見方が難しいインジケーターの1つですが、今現在買い・売りどちらが優勢か、どちらの方向にボラティリティー(値幅)が発生しているかを教えてくれる優れたインジケーターです。

一見ストキャスのようなオシレーター系インジケーターに見えますが、実は全く見方が異なります。

私が提供しているものは他とは違い、買い・売りどちらが優勢かが色と文字で表示されます。またボラティリティーが出ているのかどうかも線の色と文字で表示されるので、まだ見方がわからない方でも表示を見て取引に使用することが可能です。

また③のストキャスティクスと同様、『TimeDimenSIon』や『EMA』に表示される移動平均線の状況に応じ背景の色が変化し、トレンドの基調が上昇傾向か下落傾向かも示してくれます。

詳しい使い方を解説した動画がありますのでご興味ある方は

こちらからご覧ください。

(サブスクでご利用になりたい方はこちらからお申し込みください)

⑤エンベロープ

※こちらのインジケーターは現在非売品となっており、一部の限定された方のみにご提供しております。
一般公開する時が来ましたらご案内致します。

⑤(おまけ)サインツール

画像5

このおまけサインツールは、まだ全くテクニカル分析がわからない方がとりあえず現在の方向をつかむのに使う目的で作られたものですが、流れが転換したことを示唆してくれるため、自分が持っているポジションと反対方向へのサインが転倒したら、利確・損切を行う決断に使えます。

ラインの交差などの曖昧なサインとは異なり、文字ではっきり「BUY」「SELL」の表示が点灯しますので、踏ん切りをつけにくい損切りを決心しやすいツールになります。

基本、トレンド方向に点灯したらエントリーにも使いますが、大きな陽線・陰線出現時に点灯した場合は、短期移動平均線からの一時的乖離が起こっているので、一旦見送り、戻りを待ってエントリーするなどのコツがあります。

また、長期足で確認できる高値安値接近や、エリオットカウントの終局などが理解できる中上級トレーダーの方なら、転換が起こりそうなシーンでトレンド方向とは反対方向に出たサインにのり、天底を捉える使い方も想定されます。

詳しい使い方を解説した動画がありますのでご興味ある方は

こちらからご覧ください。

(サブスクでご利用になりたい方はこちらからお申し込みください)

※サインツールは現在上記サイトのみでキャンペーン価格による提供を実施中
(限定100本、定価を月額1,000円でご提供中。売り切れ次第終了します)

(参考)
一般(定価)販売サイトはこちら


⑥記事執筆後のインジケーター改定情報

こちらの記事をお読みください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オンライントレード講座『バウハウス』

よろしければサポートお願いします!頂いたサポートは、インジケーターの改良・研究費に充てさせて頂きます!

ありがとう!フォローもよろしく!
オンライントレード講座『バウハウス』
チャート分析情報と売買判断が文字表示されるインジケーターを使いFXや株式・インデックス投資、暗号通貨取引で利益を出す方法をオンライン講座で提供。 時間足を変えても位置が変わらない移動平均線が表示されるインジケータープレゼント中! https://online-trade.net/