第二回情報リテラシー論 inNID

今日は初めて情報リテラシーの講義を受けてのレポートをまとめてみたいと思います📃

授業が終わってからすぐ感じたのが「インターネットで幸せは掴めるんだなー。」ということです。ある授業では「インターネットでは築けない関係性」について学んだりもしましたが、インターネットでも本来ある有効な使い方をすれば築ける関係がそこにはあるんだということが分かりました。

現在インターネットに触れる機会がたくさんあるわけですから、出会い方も数知れず。先生はメールで奥様と出会い結ばれましたと幸せそうに講義で語られていましたが、今ではTwitter・Instagram・Facebookなどで相手の近況が知れ、お互いに連絡を取り合わなくても相手のことを知れるので、前よりも簡単に人と繋がることができるようになりました。

そもそも昔は多くの人に情報を届けるにはマスメディア(テレビやラジオ、新聞)などを用いらなければならず、簡単にできることではありませんでした。それが最近はスマホ・パソコンを所持する人口が増えるにつれて、それに対応するWEBブラウザの種類の増加や無料WI-FIスポット・無線充電の電源スポットの増加などインターネットがしやすい環境作りが行われています。

インターネットは情報を発信するだけでなく、情報の共有ができる為現在の私たちの生活に必要不可欠なものになっているのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。