【動画でわかる!】 映画の音声ガイドってどんなもの?
見出し画像

【動画でわかる!】 映画の音声ガイドってどんなもの?

移動のバリアゼロ!の映画配信プロジェクト #うちドキュ第2弾 「うちにいながらドキュメンタリー映画で旅しよう」!今回は、視覚障害のある方からのリクエストを受けて「通常版」に加え、映画の本編音声に音声ガイドが含まれる「音声ガイドミックス版」も配信しています!

って…???

実際、何が違うの?
ミックス版は視覚障害者だけのもの?
音声ガイドってどんなもの?

そんなあなたに向けて、特別にうちドキュ配信中映画の「通常版」と「ミックス版」の本編映像をほんの一部ご紹介しちゃいます!

※バリアフリー日本語字幕は「通常版」「ミックス版」ともについており、同じ内容です。

映画「沖縄うりずんの雨 改訂版」作品情報

2019年/ジャン・ユンカーマン/148分

映画『沖縄うりずんの雨』場面写真

Ⓒシグロ

うりずんの雨は 血の雨 涙雨 礎の魂 呼び起こす雨

沖縄戦の真実に迫り、戦後の沖縄の歴史を見つめ直すことによって、沖縄の「終わらない戦後」をいま一度、私たち自身に問うドキュメンタリー映画。「沖縄慰霊の日」追悼企画でお届けします。

では、冒頭のほうの1分半ほどをさっそく観ていただきましょう!

「沖縄うりずんの雨」通常版

この場面に、どのような音声ガイドが入っているのでしょうか?

「沖縄うりずんの雨」音声ガイドミックス版

※音声ガイドの内容を文字で観たい方は、YouTubeの「字幕」ボタンをONにしてご覧ください。

音声ガイドミックス版の3つのポイント!

①字幕読み上げ音声

冒頭の国際政治学者、ダグラス・ラミスさんの発言は、通常版では字幕がついて、英語の音声のみが流れます。でも、字幕を読まない視覚障害の方は、英語だけだと発言の内容がわかりません。そこで、外国語映画の場合は音声ガイドとともに、違う声優さんによる字幕の読み上げを収録しています。"ボイスオーバー"という形式で原音に重ねているので、オリジナルの音声の雰囲気も楽しめます。字幕を追わなくていいので楽ちん、と好評です。
※映画『タゴール・ソングス』UDCastでの字幕読み上げ動画はこちら!

②演出の意図に沿った情報提供


「写真集に収められた一枚。粉々(こなごな)のヘリコプターの脇にアメリカ兵」

という音声ガイドがありました。音声ガイドは、端的に言うと、映像が何を表しているか伝えています。短いセリフとセリフの間に、できるだけシンプルに伝わりやすい言葉で、一番受け取って欲しい情報をガイドしてくれるので、今の場面で監督が何を観てほしいのかを理解する指標になります。もちろん、今回配信中の5作品の音声ガイドは監督にもご確認いただいた公式のものです。ドキュメンタリーはついつい、ぼんやりと観てしまう、もっと演出意図をしっかりとらえたい!という人にもおススメ!

③想像の余地を残す構成

「左右の翼の両端に大きな回転翼を持つオスプレイ。
 頭上を通過していく」

この音声ガイドのあと、石川さんが飛び去るオスプレイにカメラを向けています。この間、音声ガイドはありません。「頭上を通過していく」というガイドの後、この飛行音をしっかり聞かせることで、それぞれの心の中にイメージを膨らませることができます。また、(シャッター音)や(フィルムを巻く音)などもきちんと聞こえるようにタイミングを調整しています。音声ガイドは、ひっきりなしに説明しているというわけじゃなくて、余白を感じることができるよう構成されているんです!


いかがでしょうか?

見える方でも、むしろ音声ガイドつきミックス版の方がわかりやすいという方もいるんですよ~!通常版をすでに観ている方も新たな発見があるかも!ぜひこの機会に観比べてみてください!!


では次は、うちドキュだけで楽しめる!とても独特なパターンの音声ガイドを観てみましょう!

映画「老人と海ディレクターズカット版」作品情報

2010年/ジャン・ユンカーマン/99分

映画『老人と海』場面写真

Ⓒシグロ

昔ながらの海人(うみんちゅ)がここにはいる

今から20年前、荒々しくも美しい自然が残る与那国島に、サバニと呼ばれる小舟を操り200キロもの巨大カジキを追う老漁師がいた。

では、通常版・音声ガイドミックス版お試し動画を続けてご覧ください。

「老人と海」通常版

「老人と海」音声ガイドミックス版

※音声ガイドの内容を文字で観たい方は、YouTubeの「字幕」ボタンをONにしてご覧ください。


これは……全然違う作品だ……!!

通常版は、ひたすら洗う音だけだったのに、こんなにナレーションがつくなんて…!見える映像には情報がたくさんあるんだなあと思い知らされます。

この音声ガイドのナレーションは #玉井夕海 さんが担当され、誰もが楽しめるバリアフリー版として演出されたものです。

映画製作者のコメント

「えっ!?これが音声ガイド?」最初は戸惑いました。単に視覚情報を解説するだけではない表現世界。音声ガイドの枠には収まらない面白さ。そして、どこかで聞いたことのある声。きっと「あーっ!」って思い出すと思います。——映画『夜明け前』今井友樹監督

『千と千尋の神隠し』を思い出します…!
『老人と海』の斬新なバリアフリー版を企画した山上プロデューサーからもコメントをいただきました!

「バリアフリー」という言葉が付くと、自分には関係ないと思っている人が多い。映画関係者もしかり。バリアフリー映画は障害者のためだけのものではなく、映画の新しい表現形式なのにな、と思う。——山上徹二郎プロデューサー

「映画の新しい表現形式」である字幕・音声ガイド付きミックス版!
ぜひ、この機会にご体験ください。

音声ガイド制作者(ディスクライバー)からのおススメポイントもチェック!


※【追記】『沖縄うりずんの雨』の製作を担当された前澤哲爾さんを偲んで、『沖縄うりずんの雨』の配信のみ7月12日まで延長しています。

#うちドキュ は残すところあと3日!7月5日(日)まで!
今回ご紹介した2作品のほかに、『イーちゃんの白い杖』『アラヤシキの住人たち』『四万十~いのちの仕舞い~』をあわせた全5作品を配信中!そろそろ観なきゃって重い腰を上げる方も、おかわりの方もお待ちしています!!
鑑賞後はぜひ「#うちドキュ」「#映画で旅しよう」を付けて感想をお寄せください!

映画の旅は1作品1000円!チケットをクリックして映画で旅しよう!

うちドキュ2チケット


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
伝える。 つなぐ。 世界がひらく。 https://palabra-i.co.jp/