マガジンのカバー画像

心のこと

283
画像は2019年3月9日、アリーナ前で。プレイオフファイナル初日、サハリン戦直前の空は、こんなにも美しかった。心の動きを詩にしています。
運営しているクリエイター

記事一覧

響く

夢のなかのことなのです。 どこまでも続く道の上でした。 霧に包まれ世界は真っ白です。 見えないことに恐れを感じました。 足は竦み踏み出す事が出来ません。 あなたの声が聞こえました。 それは、呼ぶ声なのです。 心に響くわたしの名でした。 恐れと共に霧が晴れました。 道の先が見えたのです。 深い安堵の時の訪れです。 それは、夢のようなことでした。 わたしを励まし勇気をくれる、 耳でなく、心に響くあなたの声。

スキ
26

たくさんがいい

好きはたくさんあるといい 100人の子を愛するように 好きはたくさんある程いい 愛ってものは枯れやしない 愛するほど愛されるもので 巡り巡っているものだから みんながみんなを大好きと 思える世界になればいいの 学校の子ども達とクレインズと亜細亜大と駒大苫小牧とSnow Manと日ハムとnoteが大好きなのに加えて、長男とお嫁さんと可愛い赤ちゃんがやって来ましたよー💓 大好きがいっぱいです🤗

スキ
28

かつてのまま

彼女と共にある時は 騎士の様な振る舞いで あなたと共にある時は どうやら娘の様らしく 龍の貴方と共にあれば 同志の様で戦士の様で 大勢の人との関わりは 師弟そのままの有り様で あの子と共にある時は 心も触れ合う仲良しで 知らない誰かと在る時に 研いだ刃の様でもあった いつかの時に共に過ごした 私とあなたの関わりのまま この身のさまは自在に変わる それは性も身分も年齢も 今を生きるわたしとは別の いつかのあなたとかつてのまま 今日はこの本を読みました☺️

スキ
26

そのもの

感動という名の 心震わす響きの正体とは 勇気という名の 心奮い立つ大波の実体は 愛しさという名の 心あたためる気配の熱は 人生という名の 交差し合う編み目の様な 人と人とが織りなす景色は 出会う度 想う毎に 豊かになる それは 私でありわたし達であるもの

スキ
29

見つめてる?

瞳を見つめているのでしょう? そうよ あの子の瞳の内に 響く何かを見つけたいから 瞳をのぞいているのでしょう? そのはずよ でも いつのまにかあの人の 揺れるまつ毛を見ているの 瞳を合わせているのでしょう? そうよ 言葉よりもなお語る 瞳の奥に隠れるまことを 心を合わせて触れていたくて あなたの心が知りたくて 子ども達の目を見つめる時は、あの子達の言葉にならない気持ちを読み取ろうとして見つめています。 推しのあの人はまつ毛が長く、いつのまにかまつ毛を見ている

スキ
25

繋ぐ

繋ぐことは 響き合うこと 繋ぐことは 磨き合うこと 繋ぐことは 認め合うこと 繋ぐことは 温め合うこと 繋ぎ合い 廻る想いは 無限に力を 生むということ

スキ
20

終の標

過ぎた事ばかり 思い浮かぶのは 失いたくなかった 記憶を抱えているから 道の先を描くよりも 来た道は尊いもので もうわたしの好きに させて下さいませね ほら あの人が 待っているでしょう だから もう わたしの好きに させて下さいませね 病床の母が、治療をやめたがっているのです。父が亡くなってから、もう12年が経ちました。

スキ
24

リズム '08.2.6

胸の中で ざわめく声が静まらなくて 苛立ちながら見上げた空 新月 月のない夜 見たことのない星が煌めく 漆黒は這い上がり 明いた瞳は何も見つめず 手足があることも忘れる夜に いつもは見えない星が煌めく 今も聞こえる胸のざわめき 同じリズムで 星が煌めく どんな心境だったんだろう?当時応援していたチームの監督が代わり、先行きの不安があったからかもしれません。 もう少しあとになる4月。忘れられない世代が入学することになります⚾️

スキ
21

世界 '08.1.17

鋭角な断面をもつ わたしは鉱石の多面体 温かな海水でできた 球体はあなた 豊穣な大地の欠片は 大きいあの子 自由と光が友達の 小さなこの子は 風のひとひら これは家族の詩♪ 

スキ
25

原因球体'07.12.18

思い通りにいかない時は とにかくひたすら見つめるの それはひとつの球体で こっちから見れば この色で あっちから見れば あの色に だから真をみつけなきゃ 思い通りにいかない時は とにかくう~んと見つめるの そんなひとつの球体を この眼で見るなら見えないの 斜めから視て 裏返して視て 天に掲げて透かしてみるの 見えない何かを見つめてみるの 振り返れば原因ははっきりしてるのです😅主人が単身赴任となり、小学生と中学生の息子達との3人暮らしになって、てんやわんやだったから

スキ
22

触れる

天翔ける清廉に 蕩ける蜜の愛に 煮え沸る怒りに 藍染みる悲哀に 日の出の情熱に 許しの優しさに 触れた 時の先に 穏やかに満ちる 金曜日の夕暮れ

スキ
20

みんないっしょ

桃色のほわほわが ふわりと訪れ 心がじんと温まったの 金色のきらきらが ピカっと光って 心がきらり閃いたの 水色のさらさらが はらりと撫でて 心がすっきり爽やかなの 橙色のきらめきが ぱちんと爆ぜて 心に勇気が湧いてるの あなたの想いも あの子の願いも わたしに響いて歌ってる ほらね みんないっしょ

スキ
25

夕暮れ

凍るほど冷たくて硬い 鋼の心の持ち主だから 小さな小さな熱の 温もりに心躍らせ わずかな煌めきに 輝くことならできる 触れる熱が沁み込んで 照らす光に溶かされて いつの日か 必ず 本物になりたいと願う 愛と光の満ちる夕暮れ

スキ
23

光り光る

そのオレンジ色は 愛しさを抱き光る 未来を照らす灯り 弾けるきらめき 紡ぎ始める物語 どこまでも広がる オレンジ色の光線 橙色に胸を染める 愛と絆の世界が今 温かに息づき始める 観ているだけで幸せになります。SnowManは本当に素晴らしいのです。そして、多くの人たちにとって、掛けがえのない存在だと改めて思います。

スキ
20