見出し画像

島体験日記#8 「Danke schön」

まだ肌寒く日もありますが、野山の緑が
つややかな色を見せる季節となりました。


はじめまして、坪井です。

大学3年生を休学しています。
大学では看護の勉強をしています。
写真を撮ったり、踊ったり、旅したり、
癒されること、対話することが好きです。
今行きたい国は、フィンランドです!

画像1

2ケ月前まで隠岐の島の存在を
知りませんでしたが、
今は図書館でインターンしていて、
毎日ワクワクしながら働いています。

図書館のnoteも更新していくので
随時チェックをお願いいたします↓

本題へ。

人それぞれ生きてきた環境やその中で備わった
価値観は違うと思います。
‘‘あたりまえやいつも通り、普通”とはと
問いを立ててしまうと
難しい哲学的な話になってしまうため、


今回は海士町と私が育った静岡とではずいぶん
”いつもの”
が異なっていることを感じたことを
気軽に紹介していきます。

画像2

① 家でスマホを使うと圏外になってしまうこと。
 これはかなり驚きました。Wi-Fi命です。

②この町にはコンビニ、カラオケ、ゲームセンターや映画館などもない。
 ないものはない

③ 多くの家には畑がありたくさんの野菜を育てていて、
 自給自足生活に近い生活を送っていること田んぼがあること。
 花も咲き誇っていること。

④ 「あまちゃん」というテレビ番組があること。
 様々な海士町の情報を入手できるようだ。

⑤ 鳥の鳴き声、鳥の種類の多さに驚いた。
 私の地元では、カラス、スズメ、カモぐらいしか見ません。

⑥ おすそ分けという文化があること。

⑦ 海士町ではほとんどが顔見知りであること。

⑧ 挨拶の頻度が異常に多いこと。
 高校生が自転車をこぎながら振り返って 挨拶してくれた時には驚いて声     
 が出なかった。

⑨ 屋号があり、瓦の色が特徴的であること。
 家や学校の壁が茶色ベースであること。


海士町に住み始めて少し経ちましたが
毎日新しい発見があり、面白いです。

あたりまえにあったものが、ここにはなくて、
忘れかけていた大切なものはここにあって。


あたりまえにあったもののありがたみを知ること

ここにある、ここに来たから気づけたことも
たくさんあります。

”いつもの”ではない新鮮な暮らしを送る中、
たけのこの湯がき方、魚の釣り方など
今までの生活では出会ったことないことやモノを
丁寧に教えてくださる方々。
加え大切な家族や友人、職場の方々、
シェアハウスの皆、応援してくれる方々、
大切に育ってられた野菜、
命をいただいて食べているもの、生きていること、

大自然に囲まれて


感謝の気持ちが溢れてきます。


画像3

これからもいろんなもの・人に感謝をしていきたい
そんなわたしのつぶやきnote。

先日、この島でドイツから来ている子と仲良くなり
ドイツ語でありがとうは

Danke schön(ダンケシェーン)

と教えてもらいました。


まとめ

海士町に来て、「ないものはない」生活をして、
ありがたみを感じる機会が増えました。

これからもたくさん自分なりに
感謝していきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)
今日も素敵な一日をお過ごしください🕊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
「#離島にもっと若者の還流を」とは、離島にもっと地元の子が戻ってくること、若者たちが離島で暮らすこと、離島で働くこと、そのために離島のリアルを知ってもらうことを目的としています。島前に住む若者インタビュー、島前紹介、イベントレポなどを掲載しています。ぜひご覧ください!