見出し画像

盃つまんで Vol.36

太田酒倶楽部

同居する妻の母は九十歳、耳が遠いくらいで健康なのがありがたく、気候もよくなってたまには外に連れ出そうと、銀座の資生堂パーラーに昼食に出かけた。白いテーブルクロスでオムライスなどいただいていると、隣の席にお座りの女性二人の一人から声をかけられた。
 「宣伝部にいた太田さんじゃありません?」
 その方は同じ資生堂本社におられた方で、四〇年ぶりなのに憶えてくれていた。結婚されて姓も変わり、昔を懐かしんだあと近況を尋ねると、定年ちかくなってからシャンソン教室に入って勉強され、なんと今は歌手としてときどきステージに立っているそうだ。

この続きをみるには

この続き: 1,252文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
好評の「コラム」「フォト日記」に 「オフショット動画」を加えた、太田さんの魅力たっぷりの品揃えです。  お通しの料金で皆さまのお越しをお待ちしております。

全国の居酒屋をめぐり、数多の著作を世に問うてきた 居酒屋探訪家・太田和彦のオンラインマガジン。 毎月2回更新される「コラム」「フォト日記」…

購入済みの方はログイン