見出し画像

「エンドロール」を読んで

ore

この本は、「自殺」とういものに関して多方面の考え方を提示してくれる本である。

自殺を肯定するもの、自殺を否定するもの、知り合いが自殺した人・・・が登場する。自殺も手段であったり目的であったり、拠り所であったりする。

読み物としても、文字に引き込まれ没頭できるすばらしいものである。特に、自殺に関するディベートや死んだ理由の考察部分は、良かった。文章もわかりやすく、あっという間に読み終わった。

「喜怒哀楽があることは、生きる活力があること」を教えてくれた。
「約束は人を縛るが、人を繋ぐ手段であること」も再認識した。
「自殺を生きがいに生きる」という矛盾も成立する可能性も教えてくた。

自殺に関する考察に興味ある方にお薦めです。

タイトル:エンドロール 作者:潮谷 験  出版社:講談社 R4.6.7読了

ore
「マニアはすごい」「マニアは楽しい」の理由と自分が読んだ小説の感想と学びをただひたすら書いていきます。