見出し画像

Diveできるのは怖くないからじゃなくて

あっという間に師走です。
ここのところ、2組、
来年の長期の高校留学の下見に
バンクーバーに来てくれました。

できることなら留学するご本人に
候補の学校や
ホームステイ先を
自分の目と足でココロで感じてもらって、
バンクーバーの地場との相性も含めて
納得してから、
学校やステイ先を決めてもらいたいと思うので、
お金はかかっちゃうけど、下見は大歓迎。

学生ちゃんは2人とも15歳ガール。
親元を離れて、英語環境の中に
頭からドボーンとDive!
きっと考えだしたらエンドレスに不安なことが頭をよぎるはず。
それが普通なことだと思います。

バンクーバーアイランドのワシントン山でスキーのアクティビティを楽しんでるKちゃん。16歳

尊敬してやまないネルソンマンデラさんの言葉に

「勇気とは恐れを知らないことではなく、それを克服することだと学びました。勇敢な人とは恐怖を感じない人ではなく、その恐怖を乗り越える人なのです」がありますが、ホンマにその通りやと思います。

「恐れ」を乗り越えた人にだけ見渡せる
新しい広大な景色が広がってる。
留学は決してキラキラだけやないし、
しんどいことや戸惑うこともあるけれど。

高校生ちゃんをサポートさせてもらってる
中で感じることは
留学を通して、みんな、
伸縮性の高いココロの筋肉がついて、
視野は広角レンズになっていく。
カナダはもちろん、いろんな国の人たちと混ざりんこになって、新しい考えや新鮮な価値観に触れていく毎日で、今までの「当たり前」が溶けていき、
握りしめてた「正しさ」を疑うようになり、
自分自身についても以前より、
理解が深まっていってるよーな。

そして、カナダと日本、
それぞれの
いいところを感じ取り、
自分はどこで何をして生きていきたいのか、
自分で決めていきます。

留学前に怖くても不安でも、
そこを乗り越えたからこそ、
今のみんながいるわけで。
小波や大波、超えたから、今、そこにいるわけで。



バンクーバーアイランドのゴールドリバーで森の中を乗馬する、動物大好きなRちゃん


留学2年目のKくんと母Mさんとホストファミリー

2023年開始のカナダ、ブリティッシュコロンビア州の留学の無料カウンセリングを実施しております。
ご希望の方はお手数ですが、下記サイトのお問い合わせからお知らせいただけますでしょうか。

2023年高校留学枠はあと3席となっております。
留学開始時期は9月か2024年1月末です。

大学を休学してキャリアプログラム+有給インターンシップはここのところ大人気です。
今は座学の期間も無制限にバイトできます。
しかも最低時給は$15.65
(入学基準はざっくりTOEIC650から670)

英語を飛躍的に伸ばし、人生を丸ごとシフトさせたい成人さんには正規のカレッジ留学が
おススメです。
(入学基準はIELTSの6.5。
楽勝で英検準一合格レベル)
2年のカレッジを卒業後は3年間、働けるワークビザがもらえ、ほとんどの人はこの間にカナダの永住権の申請をされます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!