見出し画像

今、タンザニアの空気を吸ってるK

カナダの高校を卒業し、バンクーバーアイランドのカレッジでソーシャルワーカーになる勉強してる20歳のKは今、アフリカのタンザニアで呼吸してます。9月から始まる学期前に数週間、ボランティアしに行っちゃいました。

彼女は私にとっての初めての留学生。
初対面は彼女が14歳の時のサマーキャンプ。
参加者全員にカウンセリングしてて、Kの順番になった時、
「おばちゃんと話すことなんかないから」とけんもほろろに言われて、
私はちょっと傷ついた。
相方の幸恵が「騙されたと思って話してみ。
このおばちゃん、ホンマにおもろいから」って促して、
カウンセリングは始まった。
結局、15分~30分の予定が2時間半、話し続けました。

この6年間の間に彼女はいいことも大変なことも、
両極端な経験をたくさんしました。
日本で高校生してたら、家族と暮らしてたら
きっと味わなかったことを、お腹いっぱいになるほどに。

今回、一年ぶりに彼女に会ったら、
すっかり雰囲気が変わってて、ぱっと見、日本人じゃなくなってた。
地球で生きる人に変貌を遂げていた。
森を歩きながら積もりに積もった話をたくさんしました。
そこにはしっかりとした自分の軸を持ち、大地にしっかと根をおろした
自分の人生を自分でナビゲートすることに決めた新生Kちゃんがいた。
人と比べたりすることもとっく昔に放棄して、
自分のペースで軽やかに自由に生きている。


今回のアフリカ行きも直感で決めたらしい。

もう私の出る幕は終わったんやなと実感しました。
きっと随分前に私なんか軽く楽勝で飛び越えて
広大な世界を体験しようと歩み進んでたんやね。
うれしくて誇らしくて、ちょっとさみしい。
これからはめっちゃ年上の友達になるから。

ただいま2023年留学希望の方を対象に無料のカウンセリングを実施しています。勝手ながら高校留学は2023年9月からのスタートの方を対象にさせていただきます。2023年2月スタート枠は定員に達しちゃいました。ご希望の方は下記サイトのお問い合わせからお知らせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
バンクーバーであなたのやりたいをカタチにするオフィスラポールカナダ
カナダのバンクーバーで留学エージェントしてます BC州専門でメインは高校留学と語学留学です。 留学って人生を大きくシフトさせる大切な決断。カウンセリングしながら最適なプログラムを一緒に紡いでいきます。 お問い合わせは orc@telus.net まで