政党選択のポイント、公約実現力
見出し画像

政党選択のポイント、公約実現力

よく政党の公約に出てくる、議員定数削減。民主党が政権を奪取する2009年に掲げていたマニフェストには、国会議員の定数2割削減、報酬も2割削減というものがありました。2012年に自民党が政権を取り戻す際に掲げていた公約にも、国会議員の定数2割削減というものがありました。

国会議員の定数は、2009年の時点で衆議院議員は480名、参議院議員は242名でしたが、2021年の現在においては衆議院議員は465名、参議院議員は245名となっています。つまり、政権を取るために約束した公約ですが、自民党も民主党も政権を取った後、実現しないままになっています。これでは政党や政治家の公約に対する信頼は失われてしまいます。

日本維新の会の地域政党である大阪維新の会は、2010年の結党以来、大阪において様々な抵抗にあいながらも公約を守り、実行してきました。2011年6月に、大阪府議会の定数を109から88へと21議席削減する条例改正案を可決しました。現在、さらに1割の削減も目指しています。公約の中身も大事ですが、責任を持ってそれを実現する政党か、実行できたかという点も、どの政党を選ぶかにおいて大事なポイントになると思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1974年東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、アクセンチュア(株)等を経て、2008年熊本県政策調整参与、2012年、38歳で熊本県副知事に就任。2020年6月に退任、東京都知事選挙に出馬(61万票)。2021年10月の衆議院総選挙で日本維新の会から比例代表東京ブロックで当選。