ONE ROOM ART

家にいる日々に、アートを届ける。 ONE ROOM ARTは、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりアート作品鑑賞の機会が失われた今、家にいる日々にアートを届ける期間限定のECサイトです。

動画公開:ONE ROOM ART オンライン・トーク #1

4月30日のオープン直後より大きな反響をいただいているONE ROOM ART。 5月20日公開の第2弾では、インディペンデント・キュレーターの丹原健翔がセレクトした若手アーティス…

ONE ROOM ART 第2弾アーティスト紹介(丹原健翔)

ONE ROOM ART 第2弾のセレクションを担当したインディペンデント・キュレーターの丹原健翔さん。今回、6名のアーティストをセレクトいただきましたが、その意図や各作品の…

  • 岡﨑乾二郎《Who cares? / Curiosity will kill a cat, 》

    岡﨑乾二郎《Who cares? / Curiosity will kill a cat, 》

    <作品紹介>画板=支持体ロボットとの協働によるドローイングのシリーズ。Takuro Someya Contemporary Artでの企画展「Drawing: Manner」(2019年)にて発表された「Who cares? / Curiosity will kill a cat,」シリーズのうちの一点です。・制作年:2019・額装サイズ:H41.3×56.5×0.4 cm・素材:紙、インク<額装について>額装費別途。ギャラリーよりご相談対応可能です。(画像3:額装イメージ)<梱包・配送方法>エアパッキンと段ボールで梱包し、宅配便にて配送予定。(※)・配送元:東京都23区内※送料は着払いとなります。お届け先地域によって送料が異なりますのでご理解ください。---<アーティスト紹介>岡﨑乾二郎1955 東京都生まれ造形作家。武蔵野美術大学客員教授。1982年パリ・ビエンナーレ招聘以来、数多くの国際展に出品。総合地域づくりプロジェクト「灰塚アースワーク・プロジェクト」の企画制作、「なかつくに公園」(広島県庄原市)等のランドスケープデザイン、「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター)、現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど、つねに先鋭的な芸術活動を展開してきた。大規模な個展では、2019-20 年豊田市美術館にて、岡﨑自身の作品とその活動の全貌を紹介する「視覚のカイソウ」を開催。東京都現代美術館(2009~2010年)における特集展示では、1980年代の立体作品から最新の絵画まで俯瞰。2014年のBankART1929「かたちの発語展」では、彫刻やタイルを中心に最新作を発表した。長年教育活動にも取り組んでおり、芸術の学校である四谷アート・ステュディウム(2002~2014年)を創設、ディレクターを務めた。2017年には豊田市美術館にて開催された『抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜』展の企画制作を行った。主著に『抽象の力 近代芸術の解析』(亜紀書房 2018年)、『ルネサンス 経験の条件』(文春学藝ライブラリー、文藝春秋 2014年)、『芸術の設計―見る/作ることのアプリケーション』(フィルムアート社 2007年)。『ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ』(絵本、谷川俊太郎との共著、クレヨンハウス 2004年)。『抽象の力 近代芸術の解析』にて、平成30年度(第69回)芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。協力ギャラリー:Takuro Someya Contemporary Art(http://tsca.jp/ja/)
    ¥93,500
    ONE ROOM ART
  • 牧口英樹《19 03 09》

    牧口英樹《19 03 09》

    <作品紹介>作品タイトルがドローイングを完成させた日付になっており、日記のように継続して制作しているドローイングシリーズ。パステルの濃淡によって匿名的な空間を描き出している。・制作年:2019・作品サイズ:H14.5×W10 cm・額装サイズ:H44.6×W33.2×D6cm・素材:コットンペーパーにパステル、額装済み<梱包・配送方法>ダンボール箱に梱包して配送予定。(※)・梱包サイズ:30kg未満(ヤマト便の場合)・送料参考:ヤマト便(http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/yamatobin/yamatobin_ryokin/tokyo.html)・配送元:東京都23区内※送料は着払いとなります。お届け先地域によって送料が異なりますのでご理解ください。---<アーティスト紹介>牧口英樹1985 北海道札幌生まれ2011 東京藝術大学大学院 美術研究科先端芸術表現専攻 修士課程修了港千尋氏、伊藤俊治氏に学ぶ。その後建築や服飾方面で写真家としてのキャリアを積み重ねながら、写真、ドローイング、文章を軸に制作を続けている。これまでの個展に、2010年「Back is always the void」Vacant(東京)、2012年「ありふれた場所の、静かで限りなく無に近い、目に見えない何か」LIQUIDROOM(東京)など。その他の主な展覧会として、2015年「はじまりのしじま」Takuro Someya Contemporary Art(東京)、2015年「STEP OUT! New Japanese Photographers」IMA gallery(東京)、2019年「TSCA Collection | Foresights and Flow」Takuro Someya Contemporary Art(東京)、2019年「Drawing: Manner|岡﨑乾二郎、大山エンリコイサム、川人綾、牧口英樹、村山悟郎、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art(東京)などがある。協力ギャラリー:Takuro Someya Contemporary Art(http://tsca.jp/ja/)
    ¥152,900
    ONE ROOM ART
  • 牧口英樹《19 03 10》

    牧口英樹《19 03 10》

    <作品紹介>作品タイトルがドローイングを完成させた日付になっており、日記のように継続して制作しているドローイングシリーズ。パステルの濃淡によって匿名的な空間を描き出している。・制作年:2019・作品サイズ:H14.5×W10 cm・額装サイズ:H44.6×W33.2×D6cm・素材:コットンペーパーにパステル、額装済み<梱包・配送方法>ダンボール箱に梱包して配送予定。(※)・梱包サイズ:30kg未満(ヤマト便の場合)・送料参考:ヤマト便(http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/yamatobin/yamatobin_ryokin/tokyo.html)・配送元:東京都23区内※送料は着払いとなります。お届け先地域によって送料が異なりますのでご理解ください。---<アーティスト紹介>牧口英樹1985 北海道札幌生まれ2011 東京藝術大学大学院 美術研究科先端芸術表現専攻 修士課程修了港千尋氏、伊藤俊治氏に学ぶ。その後建築や服飾方面で写真家としてのキャリアを積み重ねながら、写真、ドローイング、文章を軸に制作を続けている。これまでの個展に、2010年「Back is always the void」Vacant(東京)、2012年「ありふれた場所の、静かで限りなく無に近い、目に見えない何か」LIQUIDROOM(東京)など。その他の主な展覧会として、2015年「はじまりのしじま」Takuro Someya Contemporary Art(東京)、2015年「STEP OUT! New Japanese Photographers」IMA gallery(東京)、2019年「TSCA Collection | Foresights and Flow」Takuro Someya Contemporary Art(東京)、2019年「Drawing: Manner|岡﨑乾二郎、大山エンリコイサム、川人綾、牧口英樹、村山悟郎、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art(東京)などがある。協力ギャラリー:Takuro Someya Contemporary Art(http://tsca.jp/ja/)
    ¥152,900
    ONE ROOM ART
  • 山下麻衣+小林直人《KEEP CALM, ENJOY ART》

    山下麻衣+小林直人《KEEP CALM, ENJOY ART》

    <作品紹介>瀬戸内国際芸術祭2019にて女木島を会場に展示されたビデオインスタレーション作品「世界はどうしてこんなに美しいんだ」(2019)に続く、自転車を用いた作品のシリーズです。車輪に浮かび上がる手書きの「KEEP CALM, ENJOY ART」という言葉は、一時期パロディが流行した戦時下のイギリスのポスター「KEEP CALM and CARRY ON」がもととなっています。ペダルを漕ぎ続けることで、残像効果により文字が視覚化されるLEDホイールライトを車輪に取り付け、作家がその自転車で疾走するワンカット撮影の映像作品です。また、購入者の方には実際にこのLEDホイールライトをご自身の自転車に取り付けて走行していただくことで、映像作品内の作家の追体験をすることができます。・制作年:2019・素材:4K ビデオ(4分50秒)、LED ホイールライト・エディション:2/3<映像(ショートver. 1min)>https://youtu.be/w-c-RdQ_dSk<映像納品形態>・USBフラッシュメモリ(保存用非圧縮データ 4K / ProRes422 HQ / サイレント / mov形式、 再生用データ 4K / H.264 / サイレント / mp4形式)・ブルーレイディスク(プレビュー用)<鑑賞する場合の推奨機材>・Mac/PC、または4K対応メディアプレーヤー・モニターまたはプロジェクター。4K推奨。・26インチ以上の自転車(作中と同じホイールライトをご自身の自転車に取り付けてお楽しみ頂けます。設置・使用方法のマニュアル付属。)<梱包・配送方法>作品を納めたエディションボックスを差し箱に入れ、エアパッキンと段ボールで梱包し、宅配便配送予定。(※)・配送元:東京都23区内※送料は着払いとなります。お届け先地域によって送料が異なりますのでご理解ください。---<アーティスト紹介>山下麻衣+小林直人山下麻衣(1976年千葉県生まれ)と小林直人(1974年千葉県生まれ)は高校時代に出会い、2001年より正式にユニット活動を開始。東京藝術大学を修了後、キュンストラーハウス・ベタニエン(ベルリン、2010)、ISCP(ニューヨーク、2011)、ミュージアム・クォーター(ウィーン、2014)等の各国のレジデンスプログラムに参加し、現在は千葉県在住。主な展覧会に、小山市立車屋美術館(栃木、2015)、クンストハレ・ゲッティンゲン(ドイツ、2011)などでの個展の他、ポンピドゥセンター・マラガ(スペイン、2018)、水戸芸術館(茨城、2015)、東京オペラシティアートギャラリー(東京、2013)、横浜トリエンナーレ2011、あいちトリエンナーレ2010、キアズマ現代美術館(ヘルシンキ、2006)などのグループ展で国際的に作品が紹介されている。協力ギャラリー:Takuro Someya Contemporary Art(http://tsca.jp/ja/)
    ¥440,000
    ONE ROOM ART
  • もっとみる

ご自宅に作品を飾る方法

ONE ROOM ARTを企画・運営する一般財団法人東京アートアクセラレーションの三木です。 今回、ONE ROOM ARTで購入いただいた方、購入を考えていただいている方向けに、ご自…