「めぐるマルシェ vol.0」

One-Dropのゆんです!!

去年でしたが、私がOne-Dropをやっている中で、やりたいことの一つに福祉園の商品を市場に・・・という事がありました。

フェアトレードやエシカルってなんとなく、環境に配慮しているとか、発展途上の国々を支援するとかのイメージが世間的には大きい気がしていますが、フェアトレードやエシカルには私は地域のものを地産地消することはもちろん、国産の商品を買い支えたり、ダイバーシティーの中で障害を抱えた方々が作ったモノを生活に取り入れていくことも、含まれていると私は解釈しています。

板橋には、商品としてとっても完成度の高い、福祉園のブランドがたくさんあります!!

One-Dropはそれを小売りとして定期的に他の商品と一緒に販売していきたいと、路面店を持っていた時から考えていました。

路面店を持っていた時にも、小茂根福祉園の「KOMONEST」さんは扱わせていただいていたのですが、一人で切り盛りしているとなかなか商品を扱わせてもらう行動がとることができず、実現していませんでした・・・。

私がヤドカリ店舗でイベントのみで販売をするようになり、行動力も増し、交流を持てる機会も増え、今回、「小茂根福祉園」、「蓮根福祉園」、「徳丸福祉園」、「あしたの風」さんの4施設から商品を扱うことができるようになりました。

場所もめぐるでんきのオフィスのある「creation space en∞jyuku」で開催できるとあって、このマルシェの名前を「めぐるマルシェ」にしました。

とにかくやってみなくちゃ!!と思って始めたので、今回はvol.0。

画像1

2日間と短い期間でしたが、お客さんがたくさんいらしてくださり、そして私の思いに共感もしてくださり、本当に素敵な空間にすることが出来ました♪

私はフェアトレードやエシカルなものをメインに扱っています。食品からファッションまで幅広く扱っていますが、なにより大切にしていることは商品としてお客様が「欲しい!!素敵♪」と思って買ってくださるかどうか・・・。

もちろん、その商品の出来上がるストーリー(背景)は大切です。でも背景がとても心打つものでも、お金を払って買う商品。心がときめかないのは違うと思うのです。寄付ではないですから。

画像2

まずは買い物を楽しんでもらう、その商品で自分の気分が上がるかどうか・・・絶対大事♪

画像3

画像4

画像5

もっともっと、色んな人に楽しんでもらえる場を作っていきたいと思います!!

2月から毎月開催することになった「めぐるマルシェ」。

これからもよろしくお願いします(≧▽≦)

One-Drop ゆん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「板橋をエシカルタウンにしたい!!」 そんな想いでエシカルな商品をPOP UPで販売したり、区内の商店に卸しなどをしています。 コミニティや持続可能な社会を実現するためには「小売りが大事!!」現在、育児中につき路面店は持っていませんが、少しづつパワーアップしていきたいと思います♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。