マガジンのカバー画像

スタッフストーリー

12
青梅慶友病院で働くスタッフの思いを伝えるストーリーです
運営しているクリエイター

記事一覧

スタッフストーリー#10 / ラーメン屋になるつもりだったのに、なぜか看護師を目指して…

ラーメン屋になりたい、と思っていた。 それが、なぜかいま看護師を目指して勉強をしている。…

ome keiyu
5か月前
26

スタッフストーリー#9 / 美容業界から高齢者病院への転身 -生きるほどに美しく- …

青梅慶友病院には在職中、またはかつて在職していたケースも含めると、多数の親子職員や親族職…

ome keiyu
8か月前
33

スタッフストーリー#8 / 高齢者病院で実現する、介護の仕事とワークライフバランス

静岡県の公立短大で介護を学んでいた。 進学時に借りた就学貸付金は、卒業後に県内で一定期間…

ome keiyu
11か月前
30

スタッフストーリー#7 / 葛藤を抱えながら生きてきた私が「ずっとここで働きたい」と…

不登校を経験した小・中学生時代。 高校を中退し、通信制を経て進学した短大や大学も休みがち…

ome keiyu
1年前
29

スタッフストーリー#6 / 迷ったときは「やる」方を選ぶ- そんな生き方をしてきたら…

コロナ禍の真っただ中の2022年。 感染対策チームの一員として、日夜奮闘を続けているひときわ…

ome keiyu
1年前
40

スタッフストーリー#5 / この病院で「子育てをしながら働く」ということ

現在、ケアワーカーとして働く渕上美貴枝さんは、2020年に入浴介助のスタッフとして青梅慶友病…

ome keiyu
1年前
46

スタッフストーリー#4 / 人生は、思いもしなかったことの連続。回り道をしながら私がつかんだもの。

青梅慶友病院には、仕事をしながら専門職の資格を取得する職員が多くいる。 例えば、介護職からリハビリテーションの専門職にキャリアチェンジをしたケースも多い。 今回の『スタッフストーリー』は、今から3年前、40歳にして作業療法士へ キャリアチェンジを果たした入職21年目の職員、重野岳さんのストーリー。 社会人になり切れなかった20代この企画に出るのが私でもいいのでしょうか。 これまでに登場された皆さんとは違い、非模範的な職員だったので・・・ 若手時代のエピソードを訊ねると、重

スタッフストーリー#3 / どうせ仕事にするなら「自分の性格に合っている職業」を選ぼ…

青梅慶友病院で働く職員を紹介する『スタッフストーリー』。 第三弾として登場してくれたのは…

ome keiyu
1年前
33

スタッフストーリー#2(後編) / いつか数十本の赤いバラをもらう日がくるまで

東京での生活、初めての一人暮らし。 緊張と不安の中で新しい生活を始めた。 しかも世の中はコ…

ome keiyu
1年前
31

スタッフストーリー#2(前編) / 鳥取で看護師をしていた私がいま青梅の病院で働いてい…

鳥取で総合病院に勤務する看護師だった。 あるテレビ番組を観るまでは鳥取を出ることも、家族…

ome keiyu
1年前
35

スタッフストーリー#1(後編) / 大切なのは「高級」ではなく「本物」であること

インターンで青梅慶友病院の介護クオリティとホスピタリティに感銘を受けた矢須さんは、大学3…

ome keiyu
1年前
31

スタッフストーリー#1(前編) / リビングサポーターというマルチな仕事のおもしろさ

午後2時。 場所は青梅慶友病院の病棟ホール。 ホールいっぱいに芳醇な香りが広がっている。 そ…

ome keiyu
1年前
33