企業OLトップ

企業OLがライターになるまで。第4回更新

【2017/04/04追記】
この記事は2014年に書いたものですが、新たに経験と情報を足した内容を2017年版として他の記事でまとめましたので、こちらをチェックしてみてください。

■有料マガジン
仕事としてのライター、起業準備から継続にいたる地味な話。

https://note.mu/okamura/m/m789e705478d4


 私は今、フリーライターの名刺で仕事をしていますが、新卒で就職してから14年近くは企業でOLをしていました。ライターというと「出版社に勤めたあとに独立」「制作会社や編集プロダクションにいた延長線で」という人がたくさんいます。でも私はその手の後ろ盾がまったくない状態から「一人でやってみよう」と考えて、今に至っています。

 決して「どんどん売り上げてウハウハ」ではありませんが、好きなことでお金をいただける仕事に就けた、という実感は持っています。また、同じように今は企業にいるけれど将来はライターをやってみたい、という人から相談を受けることが増えました。

 そこでnoteを使って、どんな経緯でフリーライターになったのか、どんな壁があってどう折り合いをつけたのかなど、詳しく書いてみることにしました。同業に興味がある人もそうでない人も、ライターの裏側がわかるかもしれません。

2014.06.03追記:
 購入した方から「ライター以外の自営業でも参考になる」と感想をいただきました。たしかにイラストレーターさんやデザイナーさんでも、独り立ちするときは同じようなプロセスになりそうです。他業種の方もぜひご一読を。

2014.06.04追記:
 最新回を一番上に表示することにしました。最新回の下から第1回、第2回と続きます。

このテキストノートの著作権は丘村奈央子に帰属します。商品の性格上、購入後の内容シェア・引用・転載はしないようにお願いいたします。

■目次■
第1回 会社勤めを離れようと思ったとき
第2回 開業前の料金設定
第3回 開業時に用意したお役立ちツール
第4回 最初のお客様に出会うまで

第4回 最初のお客様に出会うまで

 開業することを決め、ブログやサイトをつくり、屋号のハンコや名刺を揃えました。いよいよお客様を探さなければいけません。

■ コネも実績もないハンディキャップだらけのスタート

この続きをみるには

この続き: 20,131文字 / 画像7枚

企業OLがライターになるまで。第4回更新

丘村奈央子

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします!いただいたお金はnote内での記事購入やクリエイターとしての活動費にあてさせていただきます。

おおお、クリック感謝です!
16
松本出身、横浜在住のインタビューライター/ブックライター。電子書籍『人生が変わる会話術』は1.5万ダウンロード達成。2020年4月には書籍『「話す」は1割、「聞く」は9割』を上梓。普段は一般企業との仕事が多し。塔短歌会、柊と南天所属。https://edi-labo.com

こちらでもピックアップされています

丘村発・有料noteまとめ
丘村発・有料noteまとめ
  • 3本

購入設定をしているノートをまとめました。価格はそれぞれのノート内をご参照ください。

コメント (14)
ちなみに、第1回は2656字、第2回は3517字(当時の販促資料画像2枚)です。
filmさん、ありがとうございます! たしかに、書いている自分も下スクロールがきつくなってきました…。時間があるときに直してみますね。最新だけ最上にして、あとは1から流せば見やすい??
おお、ありがとうございます! 今日明日で直してみます。
もしご質問があったらコメントしてください〜。記事の中でお答えしようと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。