【岡発P】職員の工房訪問記(ガロチャ)
見出し画像

【岡発P】職員の工房訪問記(ガロチャ)

矢作町にある隠れ家的な工房、ガロチャさんにお邪魔させていただきました。工房では革靴や小物をオーナーの大山さんがひとつづつ丁寧に制作しています。

①見学


ガロチャのうりは、何と言っても“パッチワークの妙”。

見てて楽しくなるこの配色は全て、オーナーの大山さんのセンスによるものです。型紙や配色のパターンは一切なく、全てが唯一無二のオーダーメイド作品です。

2016年には、ハンドメイド作品の販売・購入が楽しめることで有名な、国内最大級の通販サイト“mine(ミンネ)”の「ハンドルメイド大賞でゲスト審査員特別賞」を受賞した経歴の持ち主なんですよ。

②カラフルなくつ

③白いくつ

靴以外にも革の小物やランドセルリメイクも手掛けており、守備範囲の広さも魅力です。

最近は、人気作家と共同で手掛けている、「螺鈿(らでん)のスマホケース」も人気だそうです。貝殻とアートを融合させた「螺鈿アート」で、革のスマホケースと融合させています。

スマホ

輝く部分は、貝殻のキラキラです。

④工房

ランドセル、財布やパスケース、バッグとして新たな門出です。


最近は、インテリア小物の時計を手掛けたり、「試し履きする際に利用いただく、オシャレな椅子をつくりたい」と夢が広がっています。

ガロチャの夢と、ぜひコラボしてみませんか?


ロゴマーク


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岡崎ものづくり推進協議会は、岡崎地域のものづくり事業所の活性化のために産学官連携活動を推進し、岡崎地域の事業所が持つ技能・技術の維持・継承・高度化、及び新分野・新技術への取組みに対する課題・問題解決を図るとともに、新産業創出・育成及び地場産業育成を目指すことを目的とする組織です。