【岡発P】職員の工房訪問記(ヤマカワ)
見出し画像

【岡発P】職員の工房訪問記(ヤマカワ)

今回は、矢作中学校の南にある
成形金型を手掛ける「株式会社ヤマカワ」の山川敦社長を訪ねました。

ヤマカワさんは、

「製品の測定及び品質を保証するための検査治具」

画像1

「鋳造用木型、ウレタン発泡型」

画像2

を主に設計、製作しています。


また昨年は、

初の自社商品として「マスコットバット」の製作販売もスタートしました。

画像3

社長自身も「元野球部」だったそうです。着想がおもしろい!



またなによりヤマカワさんの特徴は、

【会社が見える化】されていること


たとえば、「プロジェクト会議室」

見える化

こちらからヤマカワさんの会議室が覗き見できます(笑)



そして、「社内通貨システム」

画像5

例えば、「会議録を取ってくれた」「懇親会の幹事を引き受けてくれた」

日常の些細な“ありがとう”を社内通貨で見える化したそうです。

ネットでの買い物なら、なんでも社内通貨が使えるのが凄いポイント。



岡崎商工会議所でも是非導入してほしい仕組みです・・・



様々なプロジェクトに挑戦されてるヤマカワさんですが、


今回「岡崎みやげ商品開発プロジェクト」では、
「一般にも伝わるものづくりがしたい」との想いで参加してくれました。


とにかく参加者の皆様と情報交換をして、刺激を受けたい!とのことです。

画像6

現在、山川社長が是非やってみたい商品開発は・・・

こちら

ケミカルウッド!!!

画像7

製造過程でどうしても出てしまう「ケミカルウッドの端材」を活用した商品開発を目指しています。


特徴は、「木目がないため加工性に優れている」ことです。

画像8


会社の受付には「ケミカルウッド」を活用した作品が置いてありました。



ケミカルウッド再利用できないかな?

今後に期待です。


ロゴマーク


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岡崎ものづくり推進協議会は、岡崎地域のものづくり事業所の活性化のために産学官連携活動を推進し、岡崎地域の事業所が持つ技能・技術の維持・継承・高度化、及び新分野・新技術への取組みに対する課題・問題解決を図るとともに、新産業創出・育成及び地場産業育成を目指すことを目的とする組織です。