見出し画像

みんなのフォトギャラリー

noteを書こうと思ってページを開くとお知らせに「世界の名画を、noteの見出し画像にできるようになりました」とあった。早速、メトロポリタン美術館からゴッホの自画像を選んで貼ってみる。

誰もが知っているようにゴッホは自画像をたくさん残しているが、拡大してみると彼が色というものに対して様々な工夫と挑戦を行っていることがうかがえる。私はそのことをオランダのゴッホ美術館で知った。ゴッホは良い意味で独学の人であり、絵の探求者、さらにいえば研究者だったのだと思う。

ゴッホにとって学ぶことは必ずしも楽しみだけではなかったのかもしれない。若い頃に読んだゴッホの日記は必ずしも楽しみに満ちてはいなかった。だからかもしれない。逆説的ではなあるがゴッホの絵をみているとくじけずに続けることに関する勇気のようなものが湧いてくる。

ゴッホに限らず、何かを一人でコツコツと続ける人は多いだろう。決して効率的ではないし、他からの華々しい評価が得られるわけではない。止めることが出来ないという意味ではそれを「業」と表現する人もいるだろう。高畑勲などもその一人だったかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Makoto Okada

訪問していただきありがとうございます。頂いたサポートは、本を買ったり、いろいろなことを試してみたりといった活動に使わせていただこうと思います。これからもどうかよろしくお願い申し上げます。

褒められると嬉しくて木に登ってしまいそうです(^^)
テーマ:セクターを越える。好きな言葉:幸せのハードルは低く。認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ共同代表理事。GLOCOM客員研究員、富士通株式会社フィールド・イノベーター。 胸にきざむは退却ダマシイ、今日もテーマはあとずさり。