見出し画像

ポートレート撮影の第一関門は"人にカメラを向ける"事

こんばんは。
コタツはまだ片付けたくない元岡です。

本日、せとうち倶楽部写真展〜創〜
無事終了しました。
在廊出来たのはたった2日だけでしたけど
直接写真の感想頂いたり、疑問を頂いたりととても楽しかったな。

次はいよいよ、個展です!

さて本日は

ポートレート撮影最初の難関は"人にカメラを向ける"事

なのかな?と思ったので書いてみます。

写真展在廊中、せとうち倶楽部の方とお話ししてまして
"ポートレートやってみたい"
"けど難しそう"
"コミュニケーション能力に自信がない"
というジレンマがあると小耳に挟んだんです。

ここ3年程、9.5割の撮影がポートレート撮影な僕なりに
このジレンマについて考えてみたんです。

ポートレートを始める前の僕も同じ様にジレンマ感じてなかなか動き出せない期間があったなーと。

僕の場合、その時期は何を撮っても"つまらない"と感じていたし、納得行く写真も撮れて無かったので、それまでやったことのない"ポートレート"撮影に可能性を"見出していく"しかない状況だったなーと。

ポイントなのは、自信もって撮れてる写真が当時の僕には無かったって所です。

今すでに、風景写真で納得出来る写真撮れてる方はそもそもポートレート撮影を始める"動機"が無いんですよね。

しっかり自分の作品として"風景写真"撮れてたら
もしかしたら僕もポートレート始めて無かったかもしれないなと。

"人にカメラを向ける"怖さ

これからポートレートをやってみたい!
だけど不安!って方はきっとこの人にカメラを向ける怖さを感じてるんじゃないかな?って思うんです。

なぜ怖いかって?
やった事ないからですよ。
"未知"がある種1番の恐怖ですよね。

人にカメラを向けると一体何が見えるのか?

まず表情が見えます。
スナップ写真と1番の違いは、被写体の表情が"自分に向けられている"所かなと思います。

傍観者として撮影しづらいんですよね。
ポートレートって。出来なくは無いんですが。

自分に向けられた表情が自分の言葉や対応で変化して行きますし、周囲の状況によっても変わっていきます。

それに対して照れていたら、それが被写体に伝わってまた表情変わるし、シャッター切れねぇな。みたいなね。

笑顔を向けられる事もあれば
早く撮影終わんないかな?みたいな表情の時もあれば
作り笑顔だったり、一瞬だけ曇った表情したりと
普段見過ごしがちな表情や、気にも止めない表情が自分のカメラに向けられます。

ポートレート撮影に必要なコミュニケーション能力とは?

明るいに越した事は無いと思います。
が、明るい人間なら良いポートレート写真撮れるか?ってなるとそうとも限らないので、きっと"決め手"では無いんですこれ。

根暗な僕が言っているので間違い無いです。

陽キャは、無いよりはあったほうが良いじゃん?的なものだと思います。

上に書いた色んな感情をはらんだ表情がファインダー越しに見えてますよね?
それをしっかり受け止めて、撮影を良い方向に持って行く言葉がけや、被写体がその場で晒し者になってはいないか?という気配りだったり、撮った写真をその場で被写体にも見て貰うなどの

自分以外に対する配慮。

これがポートレート撮影をする上で必要なコミュニケーション能力かな?って思いました。

追加でこれからポートレートやりたい!って人向けに
僕の経験からお伝え出来る事を箇条書きにします。
案外、不安感じる必要ないかもですよ!

①イケメンじゃなくてもポートレート撮影は可能
②リア充じゃなくてもポートレート撮影は可能
③風景写真がうまく撮れなくてもポートレートは可能
④可愛い子と知り合いじゃなくてもポートレートは可能
⑤ストロボが無くてもポートレートは可能
⑥フォロワー少なくてもポートレートは可能
⑦初心者でもポートレートは可能

以上です。

まずは、始めてみる事。
で、コツは"結果(成果)を、焦らない事"です。

追加2

せとうち倶楽部の人達とお話ししててすっげー感じた事。

ジャンルはみんなバラバラなんだけど、みんな撮りたいものを撮って展示してました。
"風景に溶け込む鉄道"が好きだったり
"偶然通りがかりに見つけた水たまり"
"山から見下ろす空"
"家族"
"季節の花"

誰に命令されたわけでもなく自分自身が
クライアントであり撮り手でもあり。
みんな自分が感じる"好き"を追求してるんだと強く感じました。

なので、人撮ってみたい!撮りたいんだ!ってマジで感じてる人は、ヘタだろうが何だろうが、誰に止められたとしても、勝手に始めちゃうと思ってます!!

そういう人達に向けて僕に出来る事は
ポートレートって楽しいですよ!を少しづつ伝えて行く事かな?と勝手に思ってます。

写真で伝える事もあれば
実際におしゃべりしてお伝えしたり
今回の様に文章でお伝えしたり

自分が暮らしてるエリアでポートレートが活性化されたら嬉しいな!の想いでちょっとずつではありますがお伝えし続けたいなと思ってます!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました😊






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
13
介護士/写真家。写真では伝えられない部分を綴るnoteです。個展「ひとり、ふたり展」9月15日〜20日まで広島galleryGにて開催。クラウドファンディングプロジェクトを5月30日まで実施中。 https://camp-fire.jp/projects/view/227568