見出し画像

SF Weekly Report - Week 1

小川楓太

Day 0: 2022/03/31

  • 自宅を綺麗に片付け

  • 飛行場へ

  • 帰りの飛行機を予約しておらずESTAで出発できないと言われる

    • 空港カウンターでその場で帰りのチケットを予約する

  • 最後の晩餐はカツカレー

  • 飛行機に乗る

  • 飛行機で梅酒を飲もうとしたら怒られる

  • LAで14時間トランジット

  • 深夜に家到着

朝まで日本でやらなくてはいけないことをやっていて、結局6時ぐらいまで寝れず。9時ぐらいには起きなきゃいけないので3時間ぐらい仮眠する。

渋谷の自宅

9時ぐらいに起きて最後の家の片付けをして10時半のタクシーで出発。
まずは実家に自宅の荷物を一部移動。

実家に荷物を移動中。サンフランシスコに持っていくのは手荷物とスーツケース1つだけ。

実家で荷物を置いたら、要らないって言っていたのに母親が弁当を作ってくれていた。
手荷物は1つだけということだったし無理だと思って断ったが、最悪捨ててもいいからと結局持たされてしまった。

飛行機ではなるべく楽な格好を心がけている

成田空港に行くまでのタクシー内でLINEMOから楽天モバイルに乗り換えて、海外で使わない期間に携帯料金が最安になるようにする。
eSIMで即時乗り換えられるのは本当にありがたい。

成田空港のロビーでは、前に並んでいた人がPCR検査をしていなかったようでチケット取り直しになっていた。自分たちは前日に無事PCR検査を完了していたので問題なし。

だが、ESTAでの入国には帰りのチケットも必要と言われてチケットが発券してもらえない事態に。
仕方なくその場で帰りのチケットを予約した。

出国検査場を抜けて最後の晩餐。
格安チケットなので機内食がなく、とにかくお腹をいっぱいにしてから乗るつもりだった。
でもコロナの影響なのかまともにやってる店はカツカレーの店だけで、選択肢なくカツカレーに。ちょっと高かったけど美味しかった!

飛行機に乗る前に空港のセブンイレブンでもお酒やおにぎりなど買いためて行き、乗ったらお酒を飲んで寝るつもりだった。

ところがZIPAIRというJAR系の格安飛行機は機内での持ち込みの飲酒が禁止ということで没収されてしまった。そんなのどこに書いてたんだ。。

結局お腹がすいてきて、飛行機内で食べた母親のお弁当が、もういつも以上に母親の味で、遠く離れて長く食べられないんだなと思いながら、感謝を込めて食べた。

ガラガラの機内

飛行機自体はめちゃくちゃ快適だった。
というのも、コロナでほとんど人がいないので横一列全部空きなのだ。
結局みんな席を3つも4つも使って完全に横になって寝ていた。

LAに着いてからが地獄だった。
トランジットは6時間ぐらいだと思っていたのだが、よく見たら14時間。
時差ボケで眠すぎて動く気にならないので街には行きたくない。
とりあえず安全な場所で寝たい。
しかし米国内線なのでラウンジはほぼない。

仕方なく国際線の下でほぼ唯一やっていたホットサンドウィッチ屋で、ホットサンドウィッチを1つ買って、あとはずっと机に突っ伏して寝ていた。
机で寝たのって高校生以来かも(笑)。

でもめちゃくちゃ寒い。
我慢できず、結局3時間ぐらいで根を上げて、とりあえず検査場の中に入った。

結局そっちの方が全然快適で、売店で水とか買って、あとは待合場の椅子でずっと寝ていた。
手荷物があるから結局そんなに気を抜けないんだけど。

そんなこんなで、14時間のトランジットも乗り切り、遂にサンフランシスコに到着!

飛行機を降りた途端に目に飛び込んできた広告がこれ。

ああっ、遂にサンフランシスコに着いたんだな。
やっぱり東京ともLAとも違うなってヒシヒシと感じたのを覚えている。

空港で写真を撮って、荷物をピックアップして、LyftでSOMAの家へ。

1日前に先に到着していた井口さんの会社のメンバー・あだ名Bossとの3人の生活が始まった。

とりあえずベッド(というかペラペラの布団)は1つしかないので、oliverが使って、自分とBossは床で寝た。
緊張がフッと切れて泥のように寝た。

Day 1: 2022/04/01

  • oliverは寝ていた

  • 行ったことある場所を散歩

    • Union Square

    • The East Cut

  • カフェでSocial Networkを見る

    • ショーン・パーカーが連れて行ったクラブってどこなんだろう

  • 乗り物に色々乗る

    • 電動キックボードとか

  • スーパーチャレンジ失敗

  • 3年前の物を整理

  • 米国のApple IDを作成してアプリを入れられるようにする

  • Google Fiを契約するも超遅い

1日目は時差で15:00頃起床。

1つだけあるペラペラの布団。これをみんなで取り合っていた(笑)。

oliverは寝ていたので起こさす散歩に行く。

とりあえずお腹が空いたので、2018年にサンフランシスコに1日だけ滞在したときに泊まったホテルのあるUnion Squareへ。
近くにあったJack in the Boxでバーガーを購入してUnion Squareのベンチで食べる。アメリカっぽい。

それから好きだったThe East Cutの公園向かいのJOE & THE JUICEへ。
コーヒー飲みながら『ソーシャル・ネットワーク』を見て、出てくるベイエリアの場所とか行ってみたいなと妄想を広げる。

2018年には工事中だったSalesforce Towerが完全に街のシンボルになっていた。

寒くなってきたので帰宅して家の整理。
井口さんが3年前に残していった物が大量にあるので、もう腐ってる食べ物とかを捨てる。
この写真だと分かりづらいけどすごい量だった。。

携帯はとりあえず日本の契約のローミングで使っていたけど高いのでGoogle Fiを契約。

契約するに当たってGoogle Fiアプリが必要で、アメリカのApple IDを取得してApp Storeだけそのアカウントでログインする。
iCloud全体をログアウトしちゃうとこれまでのデータ連携が出来なくなって大変だから。
これまでのアカウントの所在地を米国に変更する手も考えたけど、日本のApp Storeにアクセスできなくなるのは不便なのと、Apple MusicとかApple Oneの契約もゼロからしなきゃいけないっぽかったのでやめた。

Google Fiは契約してすぐeSIMでアクティベートできたものの、なぜか電話番号は上手く振られないし、通信も256kbpsぐらいしか出てなくて謎だった。

Day 2: 2022/04/02

  • LyftでSouth Parkへ

  • 財布なくしたかと勘違い

  • South ParkでTech Houseの人とお茶

  • 歩いてMission Bayでランチ

  • エアベッドを貸してもらう

  • WeWorkを契約

  • WeWorkに行くも土曜日で空いてない

  • Tech Houseでつけ麺をご馳走になる

  • Web3の話を色々聞く

  • スーパーチャレンジ失敗

  • Google Fiが上手く繋がる

  • ライドアプリを精査

出発前から井口さんが紹介してくれていた日本人の若手起業家とランチの予定で12:00に会う。
時差で11:30ぐらいに起きて、大急ぎで支度しつつLyftを読んで車で待ち合わせ場所のSouth Parkへ。

Tech Houseという日本人起業家のシェアハウスがあるらしくそこに住んでいる2人から事業のことやサンフランシスコの生活について聞かせてもらう。

ランチはTech House近くのMission Bayエリアでやっていた公園に屋台が集まってるみたいな場所で食べる。イタリア式ピザが美味しかった(けどなぜアメリカで最初に食べるのがアメリカ式ピザじゃないんだ笑)。

昨日は床で寝たことを相談すると、Tech Houseで使っていないエアベッドを貸してくれた!

一旦持って帰って家で休憩する。

作業はみんなWeWorkでやっているみたいで、基本的にWeWorkの料金って全世界統一なので東京では割高なWeWorkは、サンフランシスコでは逆に割安なんだとか。
つい最近までは1人$200だったらしいが、登録しようとしたら1人$300に値上がりしていた。コロナが終息してきたからかな。

とりあえず契約して、入ってみようとするも、土日はキーカードを持った人しか入れず、キーカードは平日に受け取らなきゃいけないらしい。。

19:00ぐらいにTech Houseでつけ麺パーティーをやるとのことで再度お邪魔する。

みんながやっている事業の話を聞いてみて、Web3系のハイレイヤーの事業が多かった印象。
DAOとかNFTとか、クリプトを使ったエコノミーの部分にアプローチしていた。

美味しくつけ麺をいただいて帰宅したら22:00をまわっていて、今日もスーパーには行けず食料がない状態が続く。

Google Fiのサポートに連絡して電話番号の発行と回線速度の問題が直った。これで晴れてアメリカで気兼ねなくネットが出来るようになった。

あと、街中のいたるところで目にする電動キックボードが色々種類があって、しかも1種類のキックボードに乗れるアプリも複数あるので、どれを持っていればいいのか調べた。
まず、2018年と違って、電動キックボードは許可制になってサンフランシスコ市が許可しているものしか稼働してはいけないそう。
そして許可されているのがLime、Spin、Scootの3種類。それに加えて電動自転車はBay Wheelsというものがある。
Limeは提携しているUberのアプリ、SpinはSpinのアプリ、Scootは買収されたBirdのアプリ、Bay Wheels提携しているLyftのアプリがあれば乗れるという調査結果になり、最終的にUber、Spin、Bird、Lyftという4種類のアプリでOKになった。

Day 3: 2022/04/03

  • Ferry Buildingにランチを食べに行く

  • ゲタ解禁

  • 歩道の真ん中でおしっこしている老婆と会う

  • 道端にあった人のうんこを踏みそうになる

  • 途中で5Gのスピードを確かめるためにAT&TとT-Mobileの店に行く

    • Google Stadiaが展示してあった

  • タコスを食べる

  • Salesforce Parkでブログを書き始める

  • 近くのオフィスビルでこんなところにオフィス構えたいってところあった

  • 朝までかかって記事を書く

まだ時差ボケが治らず14:00ごろに起きる。

ゲタを履いて、カンカン音をたてながらFerry Buildingにランチを食べに行く。

行くまでの道すがらで歩道の真ん中でおしっこをしている老婆や、明らかに人間のサイズのうんこが道端にあって、街の臭さの秘密を知ってしまった。

Google Fiのスピードが10 - 30Mbpsぐらいしか出ないので、5Gに対応している通信会社に切り替えようかと思って、AT&TとT-Mobileのショップで速度計測をしたが、驚くぐらいスピードが出ていなかった。。

AT&Tの5G
T-Mobileの5G

日本だと1Gbps近くスピード出るし、上りのスピードが致命的に遅かった。

本当は04/01に出そうと思っていたブログをまったく書けていなかったので書き始める。

最初は気持ちよくて気に入ったSalesforce Parkの芝生の上で書いていたけど寒くなってきたので自宅に戻って続きを書いた。

結局、朝5時ぐらいまでかかって、公開したのは朝8時ぐらい。

Day 4: 2022/04/04

  • 寝る

  • WeWork Salesforce Towerに行く

  • WeWorkのカードキーもらう

  • 変わったエレベーター

  • 44 MontgomeryのWeWorkも見にいく

  • 治安悪いピザを食べる

朝までブログを書いていたので泥のように寝る。
でも反応が気になって15:00ぐらいには起きてしまった。
こっちの15:00は日本時間の朝7時なので、だんだんみんなの反応がき始める。

貧乏話を打ち出しすぎたからか、noteとかMessengerとかでカンパを送りたいと言っていただけて送金してもらう🙇

とくに驚いたのが、pixiv創業者で元DMM.com社長の片桐さんからのカンパ。
ETHで送金をしてもらったので、公開されているから書いてしまうと、なんと1ETH(40万円弱)もいただいてしまった。

金額に関わらず、カンパいただいたみなさん本当にありがとうございました😭

ブログの反応が気になりつつも仕事しなきゃなので、まずはSalesforce TowerにあるWeWorkのワークスペースに行って、カードキーの受け取り。
めちゃくちゃ景気が綺麗で、ここで毎日作業したいと思いつつも17:00までしか開いてないという微妙な感じ。。
他のワークスペースは24時間のところもあるのに。

ちなみにエレベーターのボタンが変わっていて、呼び出すときに何階に行きたいかテンキーで押す。
後々これがアメリカのオフィスビルだと結構普通だと知って驚いた。

帰りに通りかかった治安が悪いエリアのピザ屋でピザを買って帰る。
Apple Payで払うって言ったら$4が$6.5になったんだけど、現金持ってなかったので仕方なく払う。絶対ぼったくられた気がする(笑)。

Day 5: 2022/04/05

  • 朝ご飯にホットドッグみたいなの自分で作った

  • 自宅の郵便受けが開かない

  • 初めてのスーパー

    • Whole Foods MarketはAmazon Prime会員は5% OFF?

  • カレーをoliverが作ってくれた

  • Tech Houseに住居を移す

昨日公開したブログが話題になったからか、Tech Houseで1つ空いてるベッドに入居してもいいことになった。
元々日本にいたときに申し込みはしてたのだが、10人ぐらい申し込みが来ていて審査制になると言われていた。

夕方に荷物を移動するということで、オフィスには行かず家で仕事しつつ時間を潰していた。

結局まだスーパーに行っていなかったことに気づいてスーパーに行く。
Whole Foods Marketは去年ぐらいにAmazon.comに買収されていて、なんとAmazon.comのPrime会員だと5% OFFになるとかならないとか(結局よくわからなかった)。
とりあえず前日にPrime会員に入っておいてよかった。

スーパーに行っている間にoliverが作ってくれたカレーを夜ごはんとして食べてからTech Houseに旅立った。

Day 6: 2022/04/06

  • 昼からWeWork集合

  • ようやくちゃんと仕事を始める

  • Androidのアカウントを米国に切り替える

  • ブログを書いてて気づいたChromeがDRMでスクショ無効化していたので調べる

  • 米国でやる既存事業の整理

  • 新サービスの会議

  • 郵便を受け取りに行くが開かず

  • ごはんを食べて帰る

11:00ぐらい起床。WeWorkに向かう。

Twitterでリプライしてくれた弊社株主・国本さん(これまでちゃんと情報発信してないけど多分もうすぐリリースされるはず)の撮った写真いい。

ブログを書いていて『プラネテス』のスクショをU-NEXTから撮ろうとしたら真っ黒になって取れなかった。環境はmacOS - Chrome。
これまでmacOS - SafariではApple FairPlayのDRMプロテクトでスクショできなかったのは知っていたがmacOS - ChromeのGoogle WidevineのDRMでもスクショプロテクトされるようになったのは知らなかった。

色々リサーチしてみたけど、いつからかは見つからず。
ただAndroid - ChromeやmacOS - Edgeでは動作しなかったのであんまり意味なし。
あとiOS - SafariでDRMかかっててもスクショできるのは知らなかった。ネイティブアプリだとスクショプロテクトかけられるのにね。

そんな感じで各自作業しつつ、18:00ぐらいから会議室に籠ってサンフランシスコ初のちゃんとした会議。
既存事業の動き方や、新事業の方向性など3時間ぐらい話した。

Lyftのアプリで乗れるBay Wheelsは月額プランがあり、$29で乗り放題で8回以上乗るならお得なのでプランに入ることにした。
これでとりあえず電動ではない自転車は乗り放題だ。

疲れたけど、oliverたちが住む家に一旦寄ってごはんを食べさせてもらってから帰った。

Day 7: 2022/04/07

  • Waymoがよく走ってる

  • 時間がなかったのでスクーターで

  • Twitterオフィスを見つける

  • 市議会の公園が気持ちいい

  • Twitter下のスーパーが高いと聞いていたがそこまででもなかった

  • うどん食べたい

  • めっちゃ自転車乗って遠くのWeWorkまで行く

  • 帰りに一人でIn-n-out行く

  • ウォーターフロントはテーマパークみたい

  • Columbus AvenueはこれまでのSFと違う雰囲気。渋谷って感じ。

11:00ぐらい起床。
今日はちょっと南西にあるTwitter HQとかがあるエリアのWeWorkに行く。
サンフランシスコ内だけでWeWorkが10ヶ所ぐらいあるので、とりあえず色々なところを回っているのだ。

エスプレッソマシンがある所・ない所とか、色々違いがある。

自分にとってはベイエリアスタートアップといえば、、というTwitter HQとついに初対面。

有名な「@twitter」の看板がなかったので探していると、写真左側の建物にあった。2つともTwitter HQなのかな。

ちなみに同じくジャック・ドーシーが創業したSquareも100mぐらいの距離にHQがあった。

近くにはうどんの店があって美味しそうだった!

午後からは、別のWeWork拠点に行ってみようということでサンフランシスコ最北端のWeWorkに行く。

節約のために電動ではない自転車に乗って行ったのでめっちゃ時間かかった。

帰りに、海岸を自転車で走りつつ、2018年にも行ったIn-N-Out Burgerへ。
めちゃくちゃ混んでた。

帰りはColumbus Avenueというななめに長く続いている坂道の通りから帰ったのだが、クラブがあったり盛り上がってる飲み屋があったりして、これまで触れてきたサンフランシスコとは全然違う雰囲気だった。
渋谷って感じ。

こういう所で現地の人と知り合ってこそ、サンフランシスコが内面化されていくのかなと思いつつ、疲れていたのでそのまま帰宅したのであった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!