公認心理師資格試験対策:発達心理学&要支援児童関連

ピアジェの認知発達理論👶

✔︎ 0-2歳 感覚運動期  
対象の永続性
✔︎ 2-7歳 前操作期 幼稚園くらい
自己中心性 三つ山課題 アニミズム
✔︎ 7-12歳 具体的操作期 小学生くらい
脱中心化 保存の概念
✔︎ 12歳〜 形式的操作期 中学生から
抽象的 仮説演繹的思考

イメージしにくいときは、学校と関連づけて覚えると分かりやすいです🏫

発達課題👶

✔︎ハヴィガースト→ 社会適応し人格を形成するための、人生6つの段階ごとに社会的・心理的な発達課題を設定。

✔︎エリクソン→フロイトの性的心理的な発達課題を土台に、発達の社会的役割を強調し、人生8つの段階ごとに発達課題を設定。ライフサイクル全体を、とらえた。

児童関連法律まとめ👨‍👩‍👧‍👦

目的は、児童の心身の健全・育成。児童の生存権の実現 。

✔︎児童福祉法
要保護児童対策地域協議会
母子健康包括支援センター
※要保護は非行児童含む
※児童は18歳未満

✔︎ 児童虐待防止法
虐待疑いで通告義務
ダイヤル189(いちはやく)

要保護児童の措置先まとめ🧒🏻👦🏻

✔︎児童養護施設
もっとも多い。

✔︎乳児院 1歳未満

✔︎母子生活支援施設 DV被害

✔︎児童心理治療施設 心理的治療

✔︎児童自立支援施設 非行傾向

✔︎自立援助ホーム 義務教育終了後

✔︎里親

少年院まとめ🏃‍♂️🏃‍♀️

2015新少年院法より名称変更

✔︎第1種
 保護処分 12-23歳 元初等少年院+中等少年院

✔︎第2種
保護処分 犯罪的傾向↑ 16-23歳 元特別少年院

✔︎第3種
 保護処分 心身の著しい障害 12-26歳 元医療少年院

✔︎第4種
 刑の執行を受けるもの


虞犯少年とは、
少年法3条では虞犯事由として、

✔︎保護者の正当な監督に服しない
✔︎正当な理由なく家庭に寄り付かない
✔︎犯罪性や不道徳な人と交際し、いかがわしい場所に出入りする
✔︎自己他者の徳性を害する行為

なお、飲酒、喫煙、盛り場の深夜徘徊は含まれない。

非行少年とは

✔︎虞犯少年
20歳未満で不良行為があり、将来刑罰法令に違反すること恐れのある少年のこと。

✔︎犯罪少年
14歳以上、20歳未満の刑罰法令違反者。

✔︎触法少年
14歳未満の刑罰法令違反者。

虞犯少年とは、
少年法3条では虞犯事由として、

✔︎保護者の正当な監督に服しない
✔︎正当な理由なく家庭に寄り付かない
✔︎犯罪性や不道徳な人と交際し、いかがわしい場所に出入りする
✔︎自己他者の徳性を害する行為

なお、飲酒、喫煙、盛り場の深夜徘徊は含まれない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
公認心理師受験に関する情報をまとめています。