受任に慎重になるべき場合(弁護士向け)

↓ここで書いていたことを少し掘り下げたものです。

程度にもよりますが、こういう事件や人、場面では、受任は慎重になったり、受任してても辞任を検討した方がいいかもしれません。以下列挙。

・過度にこちらを振り回してくる依頼者。
→弁護士の助言を聞かずに状況を悪化させる。例:配偶者の不倫を疑っているケースで、決定的な証拠がまだないから、少し待って証拠を集めた方がよい、それまで絶対にこちらが疑っているそぶりを相手に見せない方がよいと言っているのに配偶者を問い詰めたりカマをかけてしまうケース。
→離婚事件係属中に代理人を通さず相手に直接連絡して、相手の態度を硬化させる口実を与えてしまう。そのフォローとして追加弁護士費用をかけてくれるならまだしも、すべてこちらの責任でフォローしてほしいと言われると、辞任を検討したほうがよいかな・・と思うこともある。
→助言を聞かずに状況を悪化させた挙句に従来の見積もりでの依頼を今すぐ受けてほしいという。
→セカンドオピニオンとして他の弁護士に聞くのはよいが、弁護士以外に質問して、不思議な要求が次々出てくる。
→弁護士を振り回すだけ振り回してくる依頼者は、事件途中で代理人飛ばして相手に突撃したり、突然従来の方針を根本的に変えてくる等、「普通に仕事ができない」ことが多いので慎重になった方がよい。

・妙に他罰的、妙に被害意識が強すぎ、妙に攻撃的な依頼者。
→他罰的な例:何度資料送付を催促しても送ってこないので事件が進めらず、話が停滞したが、この状況は依頼者の自己責任なのに「もっと自分に頻繁に強く催促してくれない弁護士が悪い」等言い出す。
→弁護士視点で見ても、常識的に見ても、とても100%被害者とは言えない事件で、自分は完全に被害者だと言うような場合。
→依頼者の利益のために、敗訴リスクも踏まえて和解もあり得るという話をすると「どっちの味方なんですか?」とこちらに敵意を向けてくる依頼者。※もちろん弁護士の言い方もあるとは思いますが。
→自分を省みる発想がないタイプは、受任に慎重になった方がよい。

・訴訟等の制度の理解を全くしてくれない依頼者。
→例:相手が準備書面でウソを書いてくるのが納得いかない、やめさせろという依頼者(お互い主張し合うという民事訴訟の制度的な説明をいくらしても理解してもらえず、相手から準備書面が届くと何故か「黙らせられない弁護士が悪い」と攻撃的になる)。
→相手から反訴提起されて、自分の代理人に「こんな訴えをされる弁護士が悪い」と怒る依頼者。
→依頼者が「尋問等になると面倒くさいから和解で」と言っていたので和解案を詰めていると、「なんでこっちが譲歩しなきゃならないんだ」と怒り出す。→若いというからには譲歩は不可欠であり、自分からそう言っていたにもかかわらず、こちらに敵意を向けてくる。

・コミュニケーションがきちんと取れない依頼者。
→「私がokを出した書面で裁判を進めてもしも負けたら私は先生に文句が言えなくなるので、先生は私に書面内容のチェックを求めたりせず、勝手に進めてください。」という依頼者。
→「全てお任せします」という人には気を付けたほうがよい。
→連絡がつかない。携帯に何度連絡しても、折り返してくれない。

・弁護士費用の見積もりを出したのにすぐ依頼するとの返事が来ない場合。

・こちらが、今は依頼した方がよいタイミングだと言っているのに様子を見ようとする相談者。
→以前より状況悪化させているのに、初期の相談内容と見通しを前提として依頼してきて、あとで「こんなはずじゃなかった」と言い出して揉めやすい。
→見積もりには有効期限を入れた方がよい。
→時間経過後の依頼を受けるときは「当時と今で状況が変わっている可能性もある」ときちんと説明しておく。

・ウソをついている相談者。※積極的なウソに限らず、普通なら説明すべきことを説明しない(=隠し事をしている)場合を含む。

・普通の弁護士なら依頼を受けても良さそうな事件なのに、他の弁護士が依頼を受けない事件。

・他の弁護士が降りている(=辞任している)事件。
→何かがある・・かもしれないので、よく話を聞くべし。

・解任を2回以上している相談者。
→たまたまダメな弁護士ばかり当たった運の悪い依頼者であることもありえるけれど、弁護士の説明を誤解したまま解任に突っ走るようなタイプの可能性もあり得る。

・「受けてくれますよね?」と、必死にお願いしてくる相談者の事件。
→普通の相談者は自分が断られる可能性をあまり想定していない。他で断られたことを隠して相談しに来ている可能性がある。

・すぐに他の弁護士の説明を引き合いに出す相談者。
→たまにあるならいいが、何かある度に、「あの弁護士はこう言っていた」と言うようなケース。それなら、なぜその弁護士に依頼しないのか・・。

・値切ってくる依頼。
→世間的に見て弁護士費用だけで何百万になる等、高額ならあり得ることではあるが(この場合はそんなに問題ではない)、単に弁護士の仕事に金銭価値を見いだしていない相談者である場合もある。このような依頼者の依頼を受けると、あれこれ要望ばかり出てきて全く見合わない状況になることもある。
→安く受任しても責任が軽くなるわけではないことに留意する必要がある。
→先々の顧問契約や他の大きな事件を依頼するかのようなことを言って、今の事件を値切ろうとする依頼は特に要注意。
→「毎月の顧問料でこの事件の代理人になって欲しい」という依頼をしてくる飛び込み客もいるが、これも一種の値切り。

・前回打ち合わせでこちらが言っていないことを前提にしたり、前回の回答を曲解してきたり等、以前の話と今回の話で話がかみ合わないタイプの相談者。
→あとで揉めやすい。受任するなら打ち合わせは議事録的なメールを送るなどしてキッチリ保身を図っておく必要がある。
→メールで回答する等、やり取りを形に残すことが重要。

・事案内容と比例していないレベルで感情が入っている相談者。結果請負を求めてくる依頼。
→「お金がかかってもいいので勝訴してください」「負けるわけにはいかないんです」と言われても、弁護士としてはもともと手を抜いているわけではないので関係がない。

・相手を懲らしめたい、相手に意地悪をしたいと述べている依頼者。
→それは弁護士の仕事じゃない。
→「いやがらせとして、負けても全く構わないので、このような裁判を起こしてほしい」という依頼は弁護士倫理上の問題からも受けるべきではない。

・方針に納得していない依頼者。
→納得していない様子なら「他の弁護士談してみてください。納得は大事。納得していないまま依頼しても最終的に後悔しますよ」と伝えればよい。

・勝ち目がない事件。
→余程何か事情があるならともかく、受任には相当慎重になった方がよい。

・法外な請求をしてくれとしつこく依頼してくる相談者。
→例えは、電車痴漢で慰謝料2000万請求して欲しいと、本気でしつこくいってくる依頼者。着手金を高くすれば依頼が来ないだろう・・等と考えない方が良い。うっかり依頼が来た後、おそらく相当苦労する思考回する。それなら、きちんと見通しを告げた上で、それでもしつこく依頼をしてきた場合は「その金額を取れる見込みがないと私は考えているので、他の弁護士にご依頼下さい」とはっきり断った方が相手のためにも良い。

・法的にあれこれこねくり回した処理の後始末的な事件。
→一昔前に、当時の顧問弁護士や会計士や税理士なんかが、脱法行為的にあれこれ知恵を出して会社作ったり友人に取締役になってもらったりしていたけれど、表向きの書類や処理と実態がズレていて、その後困ったことが起きたのですがどうしたらよいでしょうか、みたいなこと言われたって・・。知らねーよ!(笑)

・顧問弁護士がいる企業なのに顧問弁護士が動いておらず、なぜか自分に相談が来ているような場合。
→顧問弁護士には迷惑かけられないと思っている厄介な事件であるかも。
→顧問弁護士に知られたくないような後ろめたい事情があるのかも。
→実情をよく知る顧問弁護士が断っている事件なのかも。

・意思決定者(相談案件の方針決定権限のある人)や当事者と打ち合わせできないor打ち合わせしづらい事件の依頼。
→事実が曲がって伝わってきたり、第三者の思惑が入り込んできたりして真相解明から遠ざかりやすい。
→業務中の交通事故の依頼者(運転者)と直接話をしないで欲しいと言ってくる運送会社。
→企業のパワハラが問題となった事件で、パワハラをしたとされる人との打ち合わせをさせてくれない企業。
→労働者側の労働事件で組合が窓口になっているような事件。
→大型詐欺事件や消費者事件などで個別の依頼者との連絡をしないで欲しいと言い出す、被害者の会やNPOのような団体。下手すると非弁提携ともなりかねない。
→依頼者(未成年ではなく成人済み)の親が、本人そっちのけで事件に関係してきて、依頼者もそれを制止できないような場合。

・完全に費用倒れになる事件。
→依頼者が「カネの問題ではない。費用倒れでもいいから受けてくれ」と言っていたとしても、最終的にはやっぱりカネの問題であったりして、報酬を値切られたり、色々先々苦労することが多い。
→あとで安事務所を見つけたりする等、値切ってくることが多い。

・形だけ代理人になって欲しいと依頼(紹介)される事件。
→ろくでもない事件であることが多いけれど、友人弁護士からの打診(紹介)だと安請け合いしがち。基本的には「なし」。受けるなら、受任の責任が降り注ぐことを肝に銘じてからにする。

・古すぎる事件。
→普段の倍はじっくり話を聞いてよく検討してから受任した方がよい。当事者の記憶違いや、相手方との話の食い違い方が激しく、証拠が散逸していたり、証拠があってもその後に別の協議が整って現在に至っている等、色々よく分からない事情が介在している場合が多く、こじれやすい。また、消滅時効や除斥期間が問題になる場合もあり、受任後に消滅時効期間経過したような場合は責任をとらされることにもなりかねない。

・巨額な金銭請求を受けている被告事件。
→これで、「着手金安めで成功報酬高めで」と言う依頼者、がっつりガードできたとしても成功報酬きちんと払ってくれるか分からないので、受けるのだとしたら、成功報酬不払いリスクを踏まえた対処を取っておくとよい。

・いきなり顧問になってくれと言ってくる会社。
→弁護士と付合う=顧問と思っている人も多いので一概には言えないですが、法的トラブルが多い業種の会社でそれを言ってくるときは、その会社がちゃんとしているのかどうかはよくチェックした方がよい。
→前述しているが、顧問を打診してくると同時に、現在の事件を「顧問料だけで進めて欲しい」と言ってくる依頼者が稀にいるが、これも一種の値切り。慎重になった方が良い。

・別件でデカい事件があるという話をエサに依頼してくる依頼者。
→別件でデカい事件があるとか、将来顧問になっていただきたいというような言い方をして、今のこの事件をやって欲しいと依頼してくることはしばしばあるが、経験上はろくなものではないと思っている。弁護士報酬の値切りフラグだったり、最終的に報酬を払ってくれないことが多い。

・・ざっと思いつくまま書きました。
書いた順序に意味はありません。また何か思いつき次第、適宜追記します。

顧客との付き合い方については、いつか、独立した項目でupしようと思っています。

あと、最近こんな本も出ていて、面白かったのでご紹介しておきます。

難しい依頼者と出会った法律家へ -パーソナリティ障害の理解と支援- 岡田 裕子


おわり

#弁護士 #法律事務所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

63
団塊Jr.世代の弁護士。弁護士業務、仕事・ビジネス一般、事務所経営、法律ネタ、時事ニュースのコメントをメインに書く予定。弁護士法人大西総合法律事務所(新宿、池袋、立川、横浜、名古屋、福岡)代表。第二東京弁護士会所属。

この記事が入っているマガジン

こころおぼえ
こころおぼえ
  • 119本

スクラップブックみたいなもの。

コメント (1)
弁護士は依頼者のパートナーであって、保護者でないと思うことがよくあります。ときには保護者的にも動かないといけないとは思いますが、これをはじめから求められる場合(「先生に全てお任せします」というような場合)は危険だと思ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。