スクリーンショット_2017-03-07_16.05.59

不確実なトキメキ

先日、NYでヘアメイクアーティストをしているアラフォーシングルの知人に会った時、彼女の『最近ちょっと良い感じの相手』の話になった。

「みんなで会う時はたいてい隣に座るし、二人で食事に行ったこともあるけど、そこから進展しない!」

とヤキモキしている彼女に

「そんな時が一番楽しいんじゃない。そこから進んだら、まだ関係が不確実な時の楽しさは戻ってこないんだからさー」

と分かった風なことを言ったのものの

確かに、この『不確実さ』が人生の醍醐味であり、面白さであるのだと思うけど、これが自分の人生となるとやはりヤキモキせずにいられない。

これが私の場合、色恋沙汰でなく、仕事の話に限るところが、フォトグラファーとの今後の恋の展開に悩む知人との大きな違いであるけれど

仕事で、今後の動きを決める大事な打ち合わせが延期になったりすると

「いったいぜんたい、これからどうなるのか、さっさとはっきりさせてくれーーー!!!」

と叫びたくなったり

「これが運命の相手でないなら、さっさと次行くんですけど!?」

と結論を急ぎたくなったりする。

物事には、スムーズに進む時期と、停滞気味な時期というのがあって、思うように進まない時は、じっくり計画を立てたり、リラックスしたり、体制を整えるタイミングだったりするから、必要な期間なのだとは思う。

それでも、少しでも早く答えを知りたくなってしまうけど、どちらにしても時間は過ぎていく。だったら、答えが分かるまでの不確実さを楽しめるようにして、ヤキモキがトキメキに変わったら、なんか良い人生になりそうな気がする。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます❤️
22
世界中の女性たちと人生について語り合うPodcast:Be Well from NYホスト / 老けない体・脳・肌を作るためのYouTube:NYでデトックス / 著書:自分を知るプラクティス http://www.satomishiraishi.com/

こちらでもピックアップされています

NYからの小話
NYからの小話
  • 57本

ランチのお供に軽く読めるエッセイ集

コメント (2)
一時期を過ぎた時、そのヤキモキがいいんだなあ、と思った時自分がオヤジになったと実感しましたw
@takahashi126 人生の経験値が上がるとそう思えるようになるんでしょうね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。