デジタルぬりえ6 気持ちいい青空を表現してみました
見出し画像

デジタルぬりえ6 気持ちいい青空を表現してみました

ぬりえラボのnote

デジタル塗り絵を始めて、これで5作品目になります。

緊急事態宣言下、自宅待機に乗じてのはじめてのタブレット絵画。10日前にはまったく知りもしなかったことが、おぼつかないながらも形になってきています。

そしてnoteに綴ったことで、記憶の定着が良い気がする。なんというか自分のためです。そしてこの体験が、もしかして誰かの役にたったりやる気の助けになったりすればもっと嬉しい、なんてこと考えながら忘備録的に記していきます。

線描きはごくシンプルに

画像1

お昼寝お月さま

今回のテーマは青空。なので線画はごくごくシンプルにしました。エアブラシの効果を強調したいので線は少なく。シンプルすぎの気もしますが線が足りなければいつでも描き足せるので、とりあえずここから色塗りを始めます。


色鉛筆ツールで工夫

画像3

たまたまの偶然なんですが、色鉛筆ツールの濃度をうすーくして、ブラシサイズを間違えて巨大にして塗ってみたら、まだらな感じがすごく自然で気に入りました。エアブラシでも飛沫とか、ツブツブ表現はあるんだけれど、いまいち気に入らなかったので却下(やりなおしをぽち)していたけれど、これは自然。これなら好き。犬も棒にあたるもんです。


エアブラシを主にして塗り進めます

画像4

線描きにエアブラシで全体に着色。細い線でディテールをつけていきます。


画像5

線描きを隠すとこんな感じ。ホンワカ。


画像6

ブルーとグリーンだけでも良いんだけど、やっぱ少し色もほしいかな~、と。


レイヤーの組み合わせいろいろ

画像9


画像7


画像9

ここまででひと区切り。まだまだいろんな形を描き足すことはできるんですが、色塗りをしてしまうともう、「足りない」と感じる箇所がどこにもない。あとから形を描き足すって、わたしは出来ない気がしました。やっぱり最初の線描きでちゃんと全体を構成せねば。

自らを知った感じです。線画はデジタルでなら後から描き足せる、と前回は思ったけれど、わたしには出来なさそう。やはり線画は最初に仕上げまで、というこれまでのやり方を踏襲していきます。これからも。

ということでごくシンプルな絵ができあがりました。これはこれ。発見もあったし今回はこれで良しとします。

この塗り絵を紙に印刷して塗るときは、下のPDFファイルから印刷ができます。(※白黒の線画です)

 

動画で振り返ってご覧になれます。


描き終わってみて 振りかえり

今回はごくごくあっさりな制作で、文字数もいつもの半分以下ですね。
まあきっと慣れてきた、どういうことができるのかちょっと分かってきたということかなとも思います。

気分の良い晴れた日の空を描こう。そう思うと画面はシンプルになりますね。主役が空だから。気分の良さは出せたかなと。

次回はちょっと時間をかけて、こってり描写もやってみようかな。

都合10日間の自宅待機も明日で終わり。「サブ機のパソコン買おう!」の思い付きから桶屋がころがり(?)始まったデジタル描画初挑戦でしたが、まあどうやったらいいかわからない怖さ、みたいなのはずいぶん減った。ひととおりトラブルも失敗もしたかな、どうかなまだあるかな。

絵を描くのと同じくらい動画をつくるのも楽しくて、昼夜逆転の数日でしたがこれからは通常運転に戻さねば、です。デジタルは週に1作くらいはやりたいけれど、こんなに時間を忘れて没頭できる時間は、なかなか難しいかな。平日の疲れをとるだけで土日は終わってしまいますからね。

まあ大人ってそういうもんだ。

楽しい出会いでした。ぼちぼち続けていきたいです。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです♡
ぬりえラボのnote
ぬりえラボは福祉施設でのアート活動のために作ったオリジナル塗り絵を公開するサイトです。noteではデジタルぬりえの制作過程や絵画テクニック、塗り絵と福祉についてなど色々なテーマで綴っています。  ぬりえラボHP https://nurielab.org