2020.05.30〜31 石北本線
見出し画像

2020.05.30〜31 石北本線

LOCATION NOTE

一年で一番日が長い時期が近づいてきた。10日前にも石北を訪れていたが、せっかく車を買ったし天気予報も悪くなさそう。つい、また一路道央道を東に走ってしまったのである。

画像1

画像2

2020.05.30 丸瀬布駅
Nikon D750 AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR II

天気は上々。朝イチは適当に流し、午前10時の離合待ちスポット丸瀬布駅に三脚を据えた。離合を横位置で撮影し、オホーツク通過後に縦に据えかえて発車前の大雪をパシャリ。ホームの芝桜がいい感じである。


画像3

2020.05.30 丸瀬布〜瀬戸瀬
Nikon D7200 AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

午後になりどこで撮ろうか考えあぐねていた。よく考えたらまだハイデッカー車になってからきちんとした編成写真を抑えていない気がする。カッコよく編成が撮れるクイッとカーブで順光の場所で思いついたのは瀬戸瀬。脚立まで使って望遠をかまし、背景の直線を強調する。光線はドンピシャ。大雪のマークが映えていい具合だ。


画像4

画像5

2020.05.30 端野〜緋牛内
Nikon D7200 AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED(1枚目)
Nikon D750 AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR II(2枚目)

夕方、探したのは端野の街を一望できる俯瞰。何枚かの写真を見つけたが、どうしても場所がわからない。なんとかそれっぽい山に入って抜けを探す。1時間ほど山を上り下りしたところで、ようやく俯瞰スポットを見つけた。狙い通りなら、オホーツク4号が夕日の時間に重なるはず。普通列車を何枚か撮影し、迎えた勝負の午後6時10分。緋牛内を出た列車を捉えて横位置で連写。さらに常呂川の橋梁を渡る姿を縦位置で連写。田畑が春らしさを演出してくれた。


画像6

画像7

2020.05.30 美幌駅
Nikon D750 SIGMA Art 24-105mm F4 DG OS HSM

夜の帳が降り、美幌駅で脱力スナップ。誰も乗り降りしない。ホーロー看板との絡みも意外と撮りにくいが、石北線で最も良い雰囲気の駅なだけにもう少し工夫できる画角を見つけたいものである。


画像8

画像9

2020.05.31 愛別〜中愛別
Nikon D750 AF-S Nikkor 50mm f/1.8G(1枚目)
Nikon D750 AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR II(2枚目)

翌朝は札幌へ帰りやすい愛別からスタートする。この前年から狙っていた伐採地跡の俯瞰を試してみようという算段である。上下の初発特急オホーツク1,2号は近くの安足間駅で離合するため、下り→上りの順で2つの画角で抑えることができる。下りは水が入った田んぼを入れて広めの横構図でいただく。上りは早朝にあった地震の影響で40分遅れだったが、光線的には特に問題なく、小さな踏切をあしらって箱庭風に構図を組んでみた。

LOCATION NOTE
自分が行った場所を自分で覚えているための記録です。画像の無断使用はお控えください。