見出し画像

あなたも簡単にBitcoin短期自動トレード【Python】

こんにちは。Bitcoinの値動きは2018年に入ってからも激しく、まだまだ盛況が続きそうです。ということは儲ける余地が存分にあるということですし、これを逃すわけにはいかない…!

トレードでずっと値段を見張っているのも効率が悪いので、システムトレードを組みしばらく動かしています。試行錯誤の結果、適度にパラメータを設定するとコンスタントに日率20%くらいの利益をあげることも可能になることがわかりました(もっとすごい方がたくさんいらっしゃいますが)。

放っておくだけである程度利益が出るので勝手に1人で動かしていてもいいのですが、参入者が多ければ多いほど値動きも資金流入も激しくなって楽しいし嬉しいので、自動取引やってみたかってけど難しそう…という方向けに公開することにしました。とっつきづらそうですが、実はとっても簡単です。またコードを読むのが非常にいい勉強になるので、これを機にPythonの世界に足を踏み入れてみるのもいいかもしれません!

言語はPythonですが、Pythonがよくわからなくてもとりあえず動かすことは可能なように書いてあります。しかもPythonはシンプルなので, 1日あれば自分で細かいパラメータや戦術をいじれるようになるかと思います。

【戦術】

1. 逆張りではなく順張り

値段があがりかかれば買う、下がりかかれば売る、という方法でリスクをなるべく取らずに利益を出すことを狙います。勝手に売買し続けてくれるので、低リスクでじわじわ高い利益を出す方が良いという考えのもとのコードです(ちょっといじれば逆張りにも出来ます。)

2. 一目均衡表の考えを元に, 9分間(短期の値動き)と26分間(長期の値動き)を利用

FXには一目均衡表という昔から用いられている表がありますが、その中の基準線と転換線の考えを元に、9分間と26分間の平均の値段の動きを分析しながら売買のタイミングを決めています。

3. bitFlyerAPIを利用

APIの反応がよく, 比較的スイスイ取引出来るのでbitFlyerのAPIを利用します。アカウントを作成しておいてください。

【準備】

1. Python3を入れる

Python公式ホームページからダウンロードしてインストールするのが簡単です。

Download Python 3.6.4(ないしPython 3から始まるバージョン)をクリックしてダウンロードした上で、基本的にNextを押し続けてインストールしてください。(MacにはプリインストールでPython2が入っていますが、Python3向けのコードなので3を入れてください。)

2. パッケージをインストールする

このように

pip install pybitflyer
pip install pandas

の2つをターミナル(mac)ないしコマンドプロンプト(windows)に打ち込み、pybitflyerとpandasという2つのモジュール(予め用意されたPythonのコードのセット)をインストールします。

「pip」というコマンドはPython3.6以上であれば最初から入っているはずですが、もしうまく行かなければこちらのリンクなどを参照してみてください。

3. APIキーを取得する

bitflyerのAPIという、コマンドによってbitflyerを操作できるようにするツールを用いるために、自分のアカウントのAPIキー(apiのためのIDとパスワード)を取得します。

↑ログイン後bitFlyer Lightningを開き, 左側のAPIをクリックします。

↑すると「新しいAPIキーを追加」というボタンがあるので, クリックしてAPIキーを発行しAPI KeyとAPI Secretをメモしておいてください。

これで準備は完了です!あとはコードをいれれば動いてくれるようになります。早速コードに移っていきましょう!

【コード】

1. 以下のコードを好きな場所に(例えばDesktop(僕はMacなので~/Desktop))に「system_trade.py」という名前で保存する(メモ帳で書いてもなんでもOK)。

※なお, 「ここにあなたのkeyを入力」「ここにあなたのsecretを入力」という部分には, 上で取得したAPIkeyとAPIsecretを入力してください。例えばapi_key="WF6MKSEUQ92Et69cS3RYGJ"などとします。

※Pythonではインデントを重視します。下記のコードはインデントの代わりにスペースで表現しているのですが(noteでうまくインデントをつけられなかったため。), 実際には行頭の全角スペース=tabキー一押し分, で置き換えてください!つまり, 以下の画像のように「tabによってインデント」をつけます。

この続きをみるには

この続き: 4,522文字 / 画像2枚

あなたも簡単にBitcoin短期自動トレード【Python】

nuke

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
Pythonをいじっています。
コメント (3)
素人すぎて パッケージをインストールする でわかりませんでした
すんなりと可動することができました。ありがとうございました。

4時間ほど稼働後、下記エラーにより停止。売買途中で放置され2時間。焦りまし…。
下記にログを記載しますので、ご教示いただければ幸いです。

Traceback (most recent call last):
File "/usr/local/Cellar/python/3.7.0/Frameworks/Python.framework/Versions/3.7/lib/python3.7/json/decoder.py", line 355, in raw_decode
raise JSONDecodeError("Expecting value", s, err.value) from None
json.decoder.JSONDecodeError: Expecting value: line 1 column 1 (char 0)
なぜ、これが◯分毎に動くのかがわからないです??◯秒という単位もはいってないし不思議です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。