【長文注意!】誰とお仕事をさせていただくかについて考える

ご無沙汰しております。最近休肝日をしっかり取るようにしたら妙に調子良くなりました。麦酒おじさんです。

現在出店場所を絞りはじめていて中で、いくつかお話頂く機会がありました。中にはものすごく魅力的なお話も頂いております。
その時、必ず考えるのが『誰と一緒にお仕事をしたいか?させていただくか?楽しみたいか?』であります。

大まかに
・どのようなお客様に届けたいか?(B to C)
・どのような同業他社様とお仕事をしたいか?(B to B)
・どのような他業種様と取引したいか?(B to B)
・どのような人と一緒にしたいのか?(B to E ?)
・どの街でお仕事をしたいのか?(B to G ?)
・どの人たちと一緒に楽しみたいのか?(C to C ?)
を常に考えてます。私の頭を整理するために細かく紐解いていきます

・どのようなお客様に届けたいか?(B to C)
『どのようにしてビールを通じて楽しんでいただきたいか?』を考えたときに、『老若男女、立場問わず自分達が提供しているものに対して楽しんでもらえる方』で『食べたり飲んだりするのが好きな方』かつ『自分たちのファンになってもらえそうな方』が対象になると考えてます。

・どのような同業他社様とお仕事をしたいか?(B to B)
・どのような他業種様と取引したいか?(B to B)
これに関しては、『ビールに対して思いが似た方向(考え方は違くて大歓迎)(もちろん詳しくなくても大歓迎)』で、『一緒に飲んで(この場合C to C)話してて楽しい方』が対象になると考えてます。

・どのような人と一緒にしたいのか?(B to E ?)
E = Employee(従業員と言う意味らしいが、ぬとりの場合一緒にやってくれる仲間)です。ありがたいことに破格な条件で一緒にやってくださってくれる方がいます。
自分では勝手に『ぬとりの1番のファン』と思ってて、破格な条件に最初は思いっきり甘えつつ、いかに『ぬとりの1番のファン』の野望を達成できるか?常に考えなくてはいけません。


・どの街でお仕事をしたいのか?(B to G ?)
G = Government(まさに行政)です。今回信頼筋から紹介もあり、現在場所の第一候補です。
第一候補に至るまでは色々(メリット・デメリット含めて)担当の方お話を伺って (時には大衆酒場で焼き鳥とビールとホッピーを飲み食いしながら(もちろん割り勘です)、時には散歩しながら、更に、当日朝に出店情報流したら夕方来てたり、街で商売してる方との交流会の参加案内してくれたり、色々なシチュエーションで)『この人俺らのこと好きじゃね?』とか思わせるくらいコンタクトとってくださってます。その方達が私達に求めてる(末永く商売してほしい)期待に答えられるように、強いては自分たちが末永くその地で生活するか?を考えなくてはいけません。

・どの人たちと一緒に楽しみたいのか?(C to C ?)
結局ここに尽きるのですが、『我々はビールと食事を雰囲気と場所を惜しげもなく提供できるので、皆様楽しきことをやりましょう♪』と上記の皆様とできるだけそうできるように意見交換・行動をしてます。『そして全力で楽しみましょう♪』と。
自分の師匠の一人で新宿御苑の変態ビール屋のオーナーが『接客してるときは遊んでもらってる、仕事はすべて事前準備だ!』と俺の中名言ベスト3に入ってます。実際変態ビール屋さんに来るお客様はものすごく楽しそうでした♪

最後にこれは某Iのサカミチビールのパイセンが言ってたのですが『インディペンデント(独立)!これに尽きます!』と。同じく俺の中名言ベスト3ですw
自分が憧れてる先輩・師匠を見てるとまさにそうなので、
私が『インディペンデント』できる場作りをしようと新たに決意した今朝なのであります。

長文読んでいただきありがとうございました。今後も『麦酒処ぬとり』よろしくお願いいたします。
追記・5年前に作ったロゴ。今見てもいいなぁと思ってますので、ちょっと改善して刷新と思ってます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2