運動麻痺で筋力低下は起こるのか? 〜筋出力とは何なのか、そして分離との関係性とは〜
見出し画像

運動麻痺で筋力低下は起こるのか? 〜筋出力とは何なのか、そして分離との関係性とは〜

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます!
第92日目を担当するのは滋賀県の田舎から大阪の職場へ通っている介護者セラピストのコバです。
介護者の視点から思ったことを臨床で使える形に書いていきたいと思います。

今回は運動麻痺の筋出力についてです!
運動麻痺の患者様を見ているときに、力が弱いけどこれって筋力低下?それとも運動麻痺?と悩むことは無いでしょうか?
それを筋出力という視点から考えていきたいと思います!

前回は分離について書いていますので、まだお読みでは無い方はぜひお読みください!


筋出力とは?

運動麻痺の患者様を見るときに筋出力という言葉を良く使うと思いますが、
筋出力って一体何でしょうか?

10月2日.012

僕も学生のころから運動麻痺の患者様を見たときに
力が弱いと『筋出力の低下』という表現してきました。

また、よくある質問で
運動麻痺の患者様で分離は良くなってきたのですが力が弱く、これって筋力低下ですか?麻痺で筋力低下って起こるんですか?
と聞かれることがあります。

運動麻痺は中枢神経の疾患なので、筋力が低下しているわけではない。

基本的にはこう学んできたのではないでしょうか。
もちろんその通りです。

ただ、結論を言うと
運動麻痺では筋出力低下により結果的に筋力が低下している状態である。
ということです。

そして、分離と別物かと言われると
分離の障害と筋出力の障害は並列して別の問題であるわけではなく、分離の障害が改善されるにつれて筋出力の障害を治療していかなければいけない。
ということです。


筋力?筋出力?

筋力とか、筋出力とか色々言われてもややこしいと思うので整理していきます!

10月2日.011

この続きをみるには

この続き: 2,563文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

今までに投稿してきた臨床BATONブログの中の『運動麻痺』をテーマにしたブログのみを集めたマガジンになっております。 臨床で運動麻痺のある…

または、記事単体で購入する

運動麻痺で筋力低下は起こるのか? 〜筋出力とは何なのか、そして分離との関係性とは〜

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!メンバーがHAPPYになります
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!