脳外ブログ 臨床BATON
不穏について考える
見出し画像

不穏について考える

脳外ブログ 臨床BATON

本日も「臨床BATON」にお越しいただきありがとうございます!
315日目を担当します、ミッキーです。よろしくお願いします。

◇はじめに

今回は「不穏について考える」というテーマでお伝えしていきます。
僕は入院患者様で入院以前の性格や言動と違うな、変わってきたなという状況に出くわすことがあります。
また、以前の状態がわからなくても、あの人は興奮が強いな、感情の浮き沈みが激しいなという患者様がいらっしゃいます。
そんな患者様についてカルテに評価やその日のリハビリについて書くときに
「今日は不穏が強かった」と書くことが多くあります。

しかし、「不穏」という言葉について明確に理解しているかというとそうではありません。
僕は先輩がカルテに書いていて『興奮しているときや感情の浮き沈みが激しいときには「不穏」と書くといいんだな』と判断していてあまり深く理解できていません。

そこで今回は「不穏」についてどのようなものなのか、リハビリではどんな対応が可能なのか、考えていきます。

◇不穏とは

論文から引用してみると

高齢の入院患者は、せん妄、徘徊、興奮状態、不安や抑鬱、睡眠障害、異食、暴言暴力、紛失や盗難の訴え、帰宅願望、焦燥感などの症状を呈することが多く、臨床現場ではこれらの症状を総称して「不穏状態」と呼んでいる。

倉岡有美子,井部俊子ら,急性期病院における高齢患者の不穏状態と看護師の困難感,
日赤看会誌,14,2014,27-32

学生時代に購入した医学大辞典には記載がなく、いろいろと調べてみましたが明確な定義はないようでした。
上記の引用にもあるように「総称して」ということから上記の症状が単独、もしくは複数起こった場合の症状であると考えられます。
図にするとこんな感じです。

不穏は上記のような症状の総称とされており、分類としても難しいのかなと感じます。
それゆえ、患者様から上記のような症状な引き起こされた場合、「不穏」という曖昧な分類になりがちと考えられます。

この続きをみるには

この続き: 484文字 / 画像2枚
記事を購入する

不穏について考える

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
脳外ブログ 臨床BATON
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!