脳外ブログ 臨床BATON
”病識がない”とはどういうこと?
見出し画像

”病識がない”とはどういうこと?

脳外ブログ 臨床BATON

おはようございます。本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。

328日目を担当する、理学療法士のシミーです。

皆さん、臨床の中で「病識がない(以下病識欠如)」と考えることはあるでしょうか?何気なく使っている言葉ですが、多分それぞれの理解は共通のものではないはずです。病識がないということを共有するためにも、自分の中で理解しておく必要があります。

病識がないということが様々な要素を含んでいるもので、フルリカバリーのためのヒントが隠されている部分だと思っています。


○病識とは?

精神障害によってもたらされる何らかの変化の気づき」と定義されています。

専門的に病識という言葉は精神疾患の分野で用いられているのです。

定義については様々な言い回しで紹介されています。

私たちセラピストが「病識が欠如している」という使い方をするときの病識について、カール・ヤスパースというドイツの精神科医の方の記述が適していると思われます。

この続きをみるには

この続き: 3,143文字 / 画像5枚
記事を購入する

”病識がない”とはどういうこと?

脳外ブログ 臨床BATON

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
脳外ブログ 臨床BATON
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!