見出し画像

在宅勤務が終わったパパ。恋しがる子供達

在宅勤務や緊急事態宣言から、少しずつ通常モードに戻りつつあるサラリーマンの社会。
うちも例に漏れずそう。この半年、今までになく家族としっかり時間をとれていたパパは、今またまた会社に時間を取られるようになっている。
(私は会社に奪われるって言いたいくらいの気持ち)
子どもたちは「今日パパいる?いないの?何時に帰る?宿題、一緒にしたいのに」と私に言ってくる。

2月から10月までを振り返ると、子供にとってはパパの在宅が長いほうが良かったな~と改めて感じる。
今の仕事を選び、それを続けているのは夫の選択。と同時に、平気で19時や20時に商談が組まれ、深夜までオフィスで仕事をしている状況はおかしいと感じる。子育て世帯だけでなく、社会全体の話だと思うんだよな。
結局働き方は一時的にしか変わらないのか?という、ちょっとした絶望を感じる。

パパを恋しがる子供に対し「家族のため、お金のためにパパは仕事でいないのだよ」という説明もありだと思うが、なんとなく我が家のスタンスとは違う気がして、しっくりくる答え方が未だ見つからない。
「なぜ仕事をするのか」ときかれたら、「生きるため、お金のため、自立のため、自分が楽しいから必要」という話までしたい。
「あなたのために仕事しているんだ、だから帰れず、一緒にいられないのだ」という伝え方は、私の考え方とはちょっと違う。

仕事をする理由と、長時間労働のせいで家族の時間を取れない事象は、分けて考えた方がいいのかもな。

それにしても、夫には早く帰ってきて欲しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!ありがとう
9
ライター、編集。ジャンルはジェンダー、フェミニズム、子育て、教育など。お仕事のご依頼はnoteのメールまで。つらつらと文字を書きます。「女優さんに似てるね」って言われて、嬉しくてよくよく聞いたら似てるのはおでこだけだったことがありますね。好きな映画はアラジンと、レ・ミゼラブルなど