最近の記事

介護ベッドスペース

ようやく和室を空きスペースにしました。もちろんモノは洋室に移動させてますが。畳を替えて、ベッド置いて。 わたし、どこに寝たらいいのかな? ベッドの横に布団敷く? それともソファーベッドをリビングに置く? ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 去年はスペース確保のため無理を重ねて入院までしてしまいましたが。 6畳和室は丸々介護ベッドスペース。 最初はベッドの隣で眠っていました。 やがてポータブルトイレを隣に置き、わたしはリビングで休むことに。 ソファーベッド

    • 再生

      インナーカルテット

      自分の中には何人いるのか? 考えてみるのも面白いかも。 内田さんの本をいくつか買ったけど、いまだに読み通せないわたしは 現実主義者なんだろうか。

      • 再生

        Morning Routine

        ベッドから車椅子移乗まで。 週二回はヘルパーさんに任せますが、他の日はわたしが担当です。

        • 再生

          言語聴覚士さんとリハビリ

          週一でリハビリ受けています。

          再生

          コスパ高くて最強の勉強法

          4月からラジオ英会話とまいにちフランス語を聴き始めました。 このやり方でいけばスムーズにいけそうです♬

          転倒は怖い

          夕方、病院の看護師さんから電話。 「ご主人、ベッドの上で起き上がった状態から、左半身だけの力で車椅子に乗ろうとされたんですが。うまくいかず、床に尻もちついて、だれかが来るまでの数分間、床に倒れた状態に・・・」 「担当医が診たところ、どこも骨折しておらず。心配ありませんが。防止のため、ベッドの柵の高さを上げました」 「やんちゃというか元気過ぎるというか」 「あまり強くも言えませんので。リハビリもすごく一生懸命やっているし」 点滴の管引き抜きかけ事件から約ふた月。 驚かせてくれま

          初心に帰ろう

          在宅介護も軌道に乗ってきたけれど・・・ 病院での介助指導ビデオを見直して、初心に帰ってみる。 ベッド⇔車椅子の移乗、おむつ交換、装具のつけ方を教わったものの、 退院後の介護に活かされたのはひとつだけ。 おむつの代わりにリハパンを使うようになったし、装具を着けるのはリハビリのときだけ。 でもベッド⇔車椅子の移乗は甘く見ていけない。 転倒の危険があるから。 今でも移乗の時は「転倒がないように」と注意している。 ビデオを見直しながら、病院スタッフのみなさんに感謝。

          再生

          Vlogスタートしました

          修正なしの素顔写真でつくってみました。 自己紹介スライドショーです。

          思い出ムービー

          彼が倒れてから一年。 ふたり旅できなくなって一年過ぎた。 倒れたのは去年の2月末。 もう少し温かくなったらドライブ旅行しよう。 ふたりの誕生日(3月と4月)と36年目の結婚記念を兼ねて。 千葉の勝浦と長野の軽井沢の宿を予約していたのに。 キャンセルすることになったし、ドライブももうできなくなった。 「もう何もできなくなった」 入院中の彼のつぶやきである。 ゴルフも登山もスポーツ観戦も、毎日の散歩も無理。 車も手放すしかない。 「何も、じゃないよ」 「何かできることがあ

          スマホデビューはいつ?

          彼の友人(元同僚)と車検やそのほかのことを1時間ほど相談する時間がとれた。 「退屈してるなら、この際スマホをマスターしてもらっては?」「問答無用でスマホにしますからね!と言っちゃいましょう」 ガラケーはパカっと開けなきゃいけないから、両手でないと不便。PCは持ち込めないとのことだけど(そりゃ当然)、スマホと充電器は持ち込めるだろうと。 今、病院のパンフ見たら、「貸し出しTV 台数が少ないため、ご希望に添えないことがあります」って。 貸し出してもらえるかな。一日297円

          ライセンス

          午前3時すぎ頃目が覚めて、やっぱり車検受けておいた方がいいと思ったら、眠れなくなった。 朝ドラ始まるまで、あれこれ片付け。買い物行って、ディーラーに連絡。 先日スカイプ面会にご一緒くださったかたに相談。(何しろ免許なしの身) アドバイスもらって感謝です 夕方、ディーラーさんに車取りに来てもらいました。 今日はお昼頃、歯医者に行って、その後相談。お昼食べる時間なかったわ。長い一日でした。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 退院した翌朝の第一声が「くるま

          こんばんは。 一週間のご無沙汰です。 病院でのスカイプ面会に行ってきました。 昨日までと打って変わり、雨降り、気温もぐっと下がりました。 彼のゴルフ&登山仲間の方が車を出してくださり、助かりました。 わたしたちの結婚披露宴で司会をしてくださった方でもあります。 日時の感覚が病院にいるとわかりづらいようです。 毎週同じ曜日に同じ時間帯で予約するのがいいかなと思います。 ラジオの差し入れは喜んでいました。 TVより良いですよね。 10分ということですが、特にストップかけられ

          激やせ

          転院してちょうど1週間経ちました。 緊急搬送されて翌日一般病棟へ、程なく転院して点滴生活。急激な変化についていけず、戸惑い、不安、恐怖があっただろうと思います 1週間ぶりのご対面。 丸いお顔が引き締まっていたよ。 そりゃ食べてないものね。 薄目開けるのが精一杯だったのが、ちゃんと両目開いてます。 ただ言葉は思うようにでてこない。 こちらの言葉はちゃんと伝わっている。 10分って短くもあり。 面会前にしゃべることをある程度決めておくほうがいいですね 思ったよ

          七転び八起き

          記憶

          転院翌日。コロナ影響で面会禁止の為、今日は少しゆっくりしようと思った矢先、電話が鳴る。 「昨晩10時頃、ご主人が点滴を抜こうとされたので、やむを得ず身体抑制を・・・」「同意書にサインをお願いいたします」「できれば午後5時までに」 ほかにも印鑑やワクチン接種券、服用中の薬など持参してほしいとのこと。 到着すると看護師さんから説明を受けた。 「手首あたりだと抜きやすくなるので、肩につけていたのですが」「気づいたときは抜きかけ状態でした」 「だれかが傍に来るとかなり暴れる

          後遺症 一年たって

          転院先の担当医のかたから、「かなり麻痺が残ります」とのこと。 車の運転も無理、右目もおそらく見えていない、モノを噛んだりすることもむずかしい・・・かなり厳しい言葉をもらいました。 「絶対100%完治しますから安心してください」はないと思っていたから。予想の範囲内です。 看護師さんといろいろ相談できる時間がかなりあった。 質問されるだけでなく、こちらからも質問を投げかけてみる。 リハビリのサポートをしてくださるチームとの連携がうまくできるように。 「どんな性格ですか