初めてのジャズピアノトリオ|独学ピアニストの悩み解決します

ジャズピアノ セッション練習方

自分も含めてですが、ピアニストは家で一人練習することが多いものです。ですが、他楽器の奏者やボーカルとのセッションはとても楽しくて刺激的です。バンドでの活動はテンションが上がります!

自分って意外と狭い殻の中で考えすぎていたんだなと気付かされたりします。とは言え、やっぱりバンドやアンサンブルなどのセッションに参加するのは勇気の要ることです。

自宅で出来るアンサンブル練習教材

そこで自宅で出来るアンサンブル練習の教材を用意しました。
「ジャズピアノトリオ」などを想定してファイルが作ってあります。

ピアノトリオでのピアノ楽譜、模範演奏音源ファイル、ピアノを抜いたドラム&ベースのカラオケ演奏音源ファイル、などがセットになっています。演奏のMIDIファイルも付属していますので、テンポやキーを自由に変えられます。MIDIプレイヤーが必要になりますが、無料のアプリで十分だと思います

先ずは楽譜を見ながらテンポ遅め、慣れてきたら自分の好きなようにアドリブの練習(最初はデタラメでもOK!誰も聞いてませんから)。けっこう楽しみながら演奏が身に付きます。

左手のボイシングの練習曲もあります。ジャズセッションでの左手の弾き方にはセオリーがあるので、理解した上で自分なりのボイシングを身につけましょう。闇雲に練習しても中々上達しません。

短時間で効率よく実践的なテクニックが付きますので、もうセッションは怖くないですよ!

もうすぐnoteでも購入することが出来るようになります

こちらに参考YouTube動画があります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
2
YouTubeで演奏動画のトータル再生が200万回超え、チャンネル登録者1万人のジャズ&ポピュラーピアニスト。普段はCM音楽や劇伴の作曲を手掛けるアレンジャー。ROLAND認定 ピアノ、DTM 講師。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。