「C → Am → Dm → G7」のありふれた循環コードをアーバンなサウンドにする方法

R&B、ジャズ、ソウルなどのアダルト・コンテンポラリーはサウンドがおしゃれですよね。アドバンスドなコードの進行がオトナ感を醸し出しているわけですが、実は多くの曲におけるコード進行は、スリーコードなどによるシンプルなコード進行が元となってます。
「え、でもメチャカッコいいけど」と疑問を感じると思いますが、本当です。それらのシンプルなコード進行がどのように変形して複雑なコード進行になっていくのか、その過程を解説します。

んじゃ、説明していきますね。

元のコード「C → Am → Dm → G7」コード進行のアレンジ完成形は

「Dm7(9) → G7(13) → CM7(9) → A7(♭13)

Dm7(9)

スクリーンショット 2020-01-07 14.31.20

 G7(13)

スクリーンショット 2020-01-07 14.32.04

 CM7(9)

スクリーンショット 2020-01-08 13.48.38

A7(♭13)

スクリーンショット 2020-01-07 14.32.25

鍵盤で実際に音に出して弾いてみて下さい。テンションの響きが心地いい、都会的なサウンドを持ったコード進行になっています。
ファンキーなリズムループの上に白玉でエレピ系なんかで弾くと雰囲気出ます。最後の「A7(♭13)」からそのまま冒頭の「Dm7(9)」につなげることで、構成をループ させることが出来ますので、ヴァースが一つ出来上がりー!ってなります(ホントか?)。

変更したところをあげると

1)セカンダリドミナントを使った
2)セブンスコード(4和音)にした
3)テンションノートを加えた
4)循環コードのスタート位置を変更した
5)ボイスリーディングでスムーズにした

では解説。

1)セカンダリドミナントを使った

「C → Am → Dm → G7」「C → A7 → Dm → G」にします。
セカンダリードミナントコードとは、解決するコードの前にドミナント7thコードを置き、「Ⅴ7 → Ⅰ」のドミナントモーション(終止形)を作るテクのことです。理論がよく分からなくでも大丈夫です。耳で覚えましょう。ここでは「Dm」に対するドミナントコード「A7」を使いました。

2)セブンスコード

各コードを7thコード(4和音)にします。コードの機能によって7thの種類が変わります。ドミナントコードとマイナーコードはマイナー7th、トニックとサブドミナントコードにはメジャー7thになります(ブルースコードは別)。これも理論がよく分からなくでも大丈夫です。耳で覚えましょう。間違えた7thを付けると違和感を感じるはずです。

3)テンションノートを加えた

ここからは、また次回。リクエストあれば即、続編アップしまーす。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
7
YouTubeで演奏動画のトータル再生が200万回超え、チャンネル登録者1万人のジャズ&ポピュラーピアニスト。普段はCM音楽や劇伴の作曲を手掛けるアレンジャー。ROLAND認定 ピアノ、DTM 講師。