友情結婚と妊活(妊娠判明編)
見出し画像

友情結婚と妊活(妊娠判明編)

佐藤

私は生理周期が安定している方で、これまでほとんど遅れることがありませんでした。時期や体調によって数日早い・遅いがあるくらいで、だいたいこの辺りにくるな、というのはわかっていました。

まずいつもと違うと感じたのは、PMSが無くなったことでした。
一人暮らしの時はそこまで気にならなかったのですが、結婚してからはPMSがひどくなりました。ひどくなったというより、家に誰かがいる状態が出来たので、イライラしやすくなってしまったというか……。生理がくる1週間前くらいからは、高橋さんと話したくない!なんて気持ちになる日があったのですが、人工授精をした最初の周期には、それがピタッと無くなりました。

これはいつもと違うぞ、と思ってからは1日1日が過ぎるのが本当に待ち遠しいかったです。少しお腹が痛めば「あ、生理きたかな」と思って確認して、良かった違った、でもまだ来てもおかしくない日数だし……と毎日そわそわ。けれど、日ごとに「これは妊娠しているかもしれない」と確信が強くなってきました。
高橋さんには、体調の変化と生理が来ていないことを伝えて、妊娠しているかもしれないとだけは伝えていました。
私も高橋さんも妊娠に関しては知識をつけていて、子宮外妊娠かもしれないし、胎嚢が確認されても、心拍が確認できるまでは安心できないよねという認識があったので、そこではまだ事実確認という感じで、大きな喜びはなかったです。
ただ冷静に「まだわからないけど、授かっていればいいね」という感じで、日が過ぎるのを待ちました。

通常の生理周期の1週間後くらいになって、初めて妊娠検査薬を購入しました。
どうせ病院に行かないとわからないし、妊娠しているなと思ったら行くんだし、買わなくても……と思っていたのですが、1日でも早く知りたいという気持ちと、検査薬を使うことなんてそうないんだし、せっかくだから使ってみようかなぁという謎の好奇心で、使ってみることにしました。
ネットで購入すると時間がかかるので、仕事終わりにドラッグストアで購入しました。ネットを見ていると、対面で買うのは勇気がいるとか色々あったのですが、お店の人も結構あっさりしていたので、そこまで気にならなかったです。

自宅に帰ってから、早速妊娠検査薬を使いました。その日は高橋さんが夜仕事でいなくて、かつ検査薬を使うことすら伝えていませんでした。
トイレで検査して、すぐにくっきりと「陽性」の線が浮かび上がりました。心の中ではほぼ妊娠しているなと思っていたので、実はあまり喜びはなく、「やっぱりな」という確信に繋がったという感じでした。前述のとおり、心拍が確認できるまでは安心できない……という気持ちが強く、嬉しい気持ちはあったものの、まだ油断できないぞ、と気を引き締めました。

次の日、早速病院に行きました。
人工授精をしたんですが、以降生理がこなくて、と伝えると、すぐに内診になりました。
先生がはっきりと「妊娠していますね」と言い、モニターの映像には黒い丸がぽっかりと浮かんでいて「これが胎嚢です」と説明を受けました。
何故か、手が震えました。ほぼ確信していたのに、目に見えるとやっぱりほっとして、良かった、という気持ちが強くなりました。子宮外妊娠の可能性が無くなったことも安心しました。
その日は心拍までは確認できなかったので、また2週間後に来てくださいという話になりました。
また、私自身が片頭痛が多くて心配だったため、今のうちに相談しておきました。眼精疲労や低気圧でも頭痛が起こることがあり、薬を飲まずひどくなったら吐くこともあったので、心配で……妊娠していても飲める「カロナール」を10日分処方してもらえました。少しほっとしました。

高橋さんに伝えると、喜んでくれましたが、無事に安定期に入るといいね、とまだ安心できないことにも気を引き締めていました。
なにより、6回(6ヵ月)はかかるだろうと想定していた人工授精計画が、1回でこういう結果になったことに、二人して驚いていました。

もともと体調の不安もあり、子どもがいる姉には妊娠したかも、ということを伝えていたのですが、胎嚢が確認されてからは母にも伝えました。
母もものすごく喜んでくれて、何度も「よかったねぇ、よかったねぇ」と言ってくれました。
父には念のため、心拍が確認できてから伝えることになりました。

胎嚢が確認されてから、高橋さんがぐっと家事を率先してくれるようになりました。今までも全然やってくれていたのですが、私の負担が少しでも軽くなるように、作り置きをしてくれていたり、一人で買い物に行くときは「ついでに何か買っておくものある?」と聞いてくれたり。
また別の記事で書こうと思いますが、すぐにつわりが始まったので、これは本当にありがたかったです。

また、これまでの朝はコーヒー、日中は緑茶という生活も改めるようになりました。お酒は普段から飲まないのと、煙草も二人とも吸わないので、そのあたりは無理することはありませんでした。
食事もなんとなく気にするようになり、栄養が良いものを食べないとなぁと意識が変わりました。

好きなものが好きに食べられない、飲めないということにストレスが無いわけではありませんでしたが、その時は何より、授かった命を大事にしたいという気持ちが強かったです。
あの時あれを食べたから、これをしたから、という後悔がないように、身体を冷やさないように気を付けるなど、とにかく体調を第一に考えて行動するようになりました。

まだ顔も見ていない、形も成していない命に、こうやって気持ちを傾けて大事にしたいと思う事、思える事がありがたいなと思いました。

**********************

いつもお読みいただきありがとうございます。
これまでも少しずついただいていましたが、こういうことも聞いてみたい、気になる、ということがあれば、遠慮なくTwitterのDMやリプライ、記事のコメントにてご連絡いただけると嬉しいです。
少しでも、いろんな人の参考になればと思います!

**********************

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
佐藤