運転資金
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

運転資金

BBB_noisiv

運転資金をざっくり説明してしまうと
「経営を行うにあたって必要な資金」

独立後、余剰資金が0なのはとても不安ですよね?

だから、独立時に支払うお金の他に運転資金を
用意しておくのです。

この場合、当面の宣伝広告費を運転資金とするのか?
という疑問がでてきますが
僕の持論では
「広告費は運転資金に含まない」
という考えです。

損益分岐を超す為に必要な
当面「広告宣伝費」は、
はじめから独立創業計画書の中で用意しておくべきだし、
家賃とセットと考えているからです。

公庫や信用金庫などの金融機関は
「その事業が確実にうまくいく」
という見通しの元に融資を行いますが、
実際問題そんなことはやってみないとわからないわけです。

でも融資が実行されななきゃ困る…

そんな事情で融資用の創業計画書では、
運転資金がほぼほぼ無い内容で
作成したりする事になります。

でも、リアルな問題として運転資金は必要です。
(捻出する必要性がある)

では実際

「いくら位が必要なのか?」

いくら位だと思います?

もしくは、

いくら位でした?

100万?200万?300万?もっと?

僕は

「100~200万」

がいいと思っています

もちろん「精神的な余裕」を考えたら
多ければ多いほどいいです。

でも資金的にそんなに余裕がない人がほとんどですからね。

「僕、お金持ちだから資金には余裕あります」なんて方は
そもそもサロンじゃなくて、
違う事やったほうがいいと思います笑

では、なぜ100万~200万がいいのか?

ズバリ「覚悟」です。

独立される多くの方は、
既婚者もしくは結婚を考えてる(予定している)年代です。

要するに、
守るものがあるからこそ勇気を持って
未来へ1歩踏み出すのです。

初めてだらけの事…
今までに経験のない事…

そこに必要なのは
「なにがなんでも成功してやる」という「覚悟」です。

お金に余裕が無いからこそ頭と体力をフルに使える。

変に余裕があると
「オープンしてどのくらいお客様がくるか見極めてから
広告等の戦略を考えよう」
などといった「甘い考え」に陥りやすくなります。

今現在(コロナ禍)の美容師の「独立」は
そんな甘いものではないです。

しっかりとした事業計画をたて、
毎日全力で取り組めば必ず目標は達成します。

だから運転資金が重要なわけではありません。

覚悟を持ってやり抜く事こそ必要な事です!

@87_noisiv

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆独立したい
☆融資の知識がない
☆独立は目的ではない、独立してからが大切だ
☆マーケティングは大切だ
☆独立して人を育てたい
☆人脈に自信がない
☆お金を有効に使いたい(中抜きされたくない)
☆経営の知識がない
☆経理の知識がない
☆いろいろ相談できる経営ブレーンがいない
☆なるべくリスクはおかしたくない
☆過当競争での独立に自信が持てない

上記1つでも当てはまる方は
勇気を出してコメント・DM下さい。

美容室経営に悩んでいる経営者さんも
ぜひ相談してください。

LINEオープンチャットでもお話し伺います。


知ること=「選択肢が増える」が僕の信念です。
 
ちなみに僕は「独立」を推奨はしていません。
 
独立するのであれば
「きちんとした準備をしてから!」
とは強くお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#美容室経営 
#美容室経営者
#美容室開業
#誰も教えてくれない美容師独立
#美容師独立 

#独立支援
#経営支援
#美容師から経営者へ
#さぼればさびる 
#運転資金

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宜しければフォローも宜しくお願い致します🙇‍♂️
BBB_noisiv
【美容師の美容師による美容師の為のproduct】= BBB 美容師という仕事の経験を活かし 個々の得意分野を活かしたコンテンツ配信をします。 平山・土屋→コスメ・美容 川﨑・関→子育て・健康 下河原→SNS・動画・WEB 浦前→起業・商品開発 ハナザワ→経営・独立支援