新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中国は生物兵器を使ってアメリカに奇襲攻撃を仕掛けようとしていた!

COBRAの2020年1月29日の記事「End Time Madness」で紹介された記事「WAR SCHEME UNCOVERED! China's Future Plan Of Attack: Use Of Biological Weapons In Surprise Attack Against America!」を翻訳しました。

※翻訳がお気に召しましたら、記事下部からサポートをお願い致します。


”カバールは終末が不可避であることを知っているので、自分たちの没落の過程で地上の人類を巻き込んで破壊したいと願っています。

2019-nCoV(新型コロナウイルス)は、主にアジア人をターゲットとした高度な人種生物兵器です。

この伝染病は、米中間の密かな細菌戦争に起因するものです。


中国の米国に対する長期的軍事戦略は、大幅な細菌兵器の使用です。”


元記事


Posted By: GeorgeEaton
Date: Wednesday, 29-Jan-2020 03:00:16
www.rumormill.news/139739


中国防衛省2030年への展望 : 生物兵器を使ってアメリカに奇襲攻撃をしかける

大人数を殺傷可能かつ非破壊的な武器を使用することで、中国はアメリカを確保することができるだろう。近代的な生物技術が急速に発展し、これまで次々と新しい生物兵器が発明されてきた。もちろん、中国は怠けていたわけではない。ここ数年、我々はこの種の武器を研究し続けてきた。我々はアメリカを「掃討する」という目的を、ついに達成することができるのだ。

我々の同志である鄧小平がまだ存命であった頃、中国共産党中央委員会は、航空母艦隊を開発する代わりに敵国人を大量に殺傷できる兵器の開発に集中するという、正しい決定をする先見の明を持っていた。

人道主義の観点から、使用する前に米国民に警告を発し、民衆が米国を離れ、住んでいた土地を中国人に明け渡すよう説得しなければならない。少なくとも米国の半分を中国の植民地にする必要がある。

しかし、これでうまくいくだろうか?この戦略がうまくいかなければ、我々に残された選択肢は一つしかない。つまり、決定的な手段を使ってアメリカを「片付け」、アメリカをすぐに使えるしなければならないのだ。

我々の歴史は、「早い者勝ち」が現実だと証明している。現在の世界を主導している米国がいなくなれば、他の敵国も我々の前にひれ伏すだろう。生物兵器の残虐性は前代未聞のことになるだろうが、アメリカ人が死ななければ、中国人が死ななければならない。

中国の人々が現在の土地に縛り付けられるようなことになれば、社会全体が崩壊してしまうだろう。黄禍論の論者の計算によれば、半分以上の人が中国人は死ぬことになってしまうのだ。その数、じつに8億人以上!中国が独立したときは5億人ほどだった人口は、現在では13億人以上だ。この黄色い大地は限界に達している。いつ来るか分からないが、いつの日か大崩壊が起こり、人口の半分以上がこの土地を去らなければならない時がやってくる。

私たちは二つのシナリオに備えなければならない。もし我々の生物兵器によって(米国への)奇襲攻撃が成功すれば、中国の人々はアメリカとの戦いでの損失を最小限に抑えることができる。しかし、もしこの攻撃が失敗し、アメリカによる核報復を招くようなことになれば、中国人民の半数以上が死亡する大惨事に見舞われるかもしれないのだ。それが私たちが大都会と中都市の防空システムを準備しておく必要がある理由なのだ。

いずれにせよ、我々が直面しなければならない困難や犠牲にかかわらず、我々は党と国家、そして国家の未来のために恐れず前進するしかない。人口の半分以上が死ぬことになったとしても…

[link to thelibertyman.com]

以下You are dreaming's threadより

これは生物兵器だった…現実を直視する時です。

以下は、新型コロナウイルス(Bat-Coronavirus Wuhan Seafood Market SID:QHD 43418.1 on NCIB)の原生生物配列解析です。これは2018年に中国軍がアップロードしたデータにあるウイルスと一致します。(SID:AVP 78033.1)

「コウモリが感染源のSARSコロナウイルスは、コウモリから切り離されたウイルスを、ヒト間で感染するよう中国軍がDNA改変したものです。中国人民解放军南京总医院は2018年に、ウイルスの多重配列アライメントをアメリカの国立生物工学情報センター(NCBI)とアメリカ国立医学図書館にアップロードしています。」

画像の詳細:
[link to pbs.twimg.com (secure)]

ハーバード大学疫学者のEric Feigl-Ding博士
[link to twitter.com (secure)]
資格情報:[link to scholar.harvard.edu (secure)]

アウトブレイクが発生した海産物市場近くの中国生物兵器研究施設の場所との繋がり。

[link to www.dailymail.co.uk (secure)]

これは、「キメラ・インフルエンザ」として知られる生物兵器クロナウイルスに関する2015年の記事です。
Thread:中国軍によって2018年国立生物工学情報センターにアップロードされたコウモリコロナウイルスは、現在の新型コロナウイルスと遺伝学上完全に一致している。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

翻訳がお気に召しましたら、サポートをお願い致します。翻訳活動を続けるモチベーションになります!

Victory of the Light!
14
未翻訳のCOBRA関係の記事を翻訳します。 COBRA基本情報 (PFC-JAPAN OFFICIAL様): http://urx3.nu/IBCZ ブログ: https://goo.gl/2qjsiD イラストレーターファンザR: https://goo.gl/n5Se8y
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。