「人類総マイクロチップ接種計画」ナノチップとスマートダストの目的
見出し画像

「人類総マイクロチップ接種計画」ナノチップとスマートダストの目的

NOGI

COBRAの2020年4月14日の記事「Victory Report」で紹介された記事「Nanochips And Smart Dust – Dangerous New Face Of Human Microchipping Agenda」を翻訳しました。

※翻訳がお気に召しましたら、記事下部からサポートのご検討をお願い致します。

"ビル・ゲイツ、アンソニー・ファウチ、テドロス・アダノム、ジョージ・ソロス、ジャレッド・クシュナー、江沢民らによる次の計画は全世界対象の予防接種と18か月間のロックダウンです。

ビル ゲイツが本計画の首謀者で、人々にマイクロチップを埋め込む算段です。"

元記事


by Makia Freeman of The Freedom Articles
OCTOBER 20, 2017

人間そのものを小さなチップ化してしまうという計画が、ナノチップやスマートダストによって実行されようとしています。信じ難い極小サイズのナノチップとスマートダストがひとたび人体に入り込むと、そのまま体内に留まって他のチップとの人工ネットワークを形成します。しかも外部から遠隔操作が可能です。これが重大な基本的人権の侵害であることや、健康問題に発展するであろうことは言うまでもありません。これからの新世界秩序(ニューワールドオーダー)は外界(環境や社会)からではなく内界(あなたの体)から支配しようとしてきます。本記事では、ナノチップとスマートダストがいかに危険であるかを説明していきます。

さまざまな支配方法

人類の歴史の中で、人々が支配者と奴隷という2つの身分制度に分かれていた社会の例は数多くあります。支配者は通常、奴隷たちの金銭、食料、水、武器などの生活必需品を支配し、奴隷制度を維持していました。これは「環境を支配する」やり方です。

最近の歴史では、資源だけでなくプロパガンダ、つまり「心理的支配」も行われてきました。様々な形があり、例えばインドのカースト制度や、ローマ、中東、ヨーロッパでの王族の血統による民の統治(王権神授説)、1930年代のナチスドイツとソビエトが行った中央集権化(一人の独裁者や少人数の委員会による何百万人もの民の支配)、それに欧米(特にアメリカ)のCIAなどの諜報機関による高度なPRやマインドコントロール技術など。MKウルトラなどの新世界秩序計画による性奴隷や暗殺者の作成など。人々は知らないうちに遠隔操作で潜在意識を操られ、それは大衆の行動として表れています。

精神と感情の支配構造

MKウルトラ計画は60年以上前に頻繁に行われていた極秘裏に行われていた人体実験です。

現代においては、テクノロジーの発展が新世界秩序計画の鍵となっています。それによって人民の感情、つまり大衆の心と感情を制御することができるからです。ここで「マイクロチップ」の話が出てきます。これを人体の皮膚に埋め込んで、そこから情報を受信したり送信したりできます。一つ一つが極小サイズの電子機器なのです。この技術自体は昔からあり、ご存知の方も多くいらっしゃるとは思いますが、それらは時代遅れの技術です。今はマイクロチップよりもはるかに小さなナノチップやスマートダストが台頭してきているからです。

画像1

ナノチップとは?

「ナノ」は「マイクロ」よりも3桁小さい、「10億分の1」という意味の言葉です。マイクロチップは米粒程度の大きさですが、ナノチップはもはや肉眼では全く見えません。人間の髪の毛よりもはるかに細いものもあり(例:0.4×0.4mmのμチップ)、2015年にはIBM社がわずか7nm(ナノメートル)の実用ナノチップを開発したと発表しました。参照までに、人間のDNAの鎖は約2.5nmで、赤血球1個の直径は約7500nmです。ナノチップは環境から電力を得ることができるので(電池を必要としない)およそ100年ほどは稼働し続けることができます。最初から人体に注入されるのではなく、まずは製品に入れ込まれる予定です。(大企業は消費者の消費パターンを熟知しているから)ちなみに、チップは神経細胞に溶け込んで、融合することができます。

リークされたこちらの動画では、新世界秩序計画によって約100兆個のナノチップが世界の人間に入れ込まれることを目指していると主張しています。チップが入れば、皆がタグ付けされて新世界秩序による識別が楽になります。この計画の証拠として、他にも多くの特許や文書が動画の中で提示されています。これはフィクションではありません。ヒューレット・パッカード社は計画の実行者として例に挙げられています。

スマートダストとは?

「スマート」と名前が付いた製品はアヤシイということに、すでに気づかれている読者の方も多いと思われます。

これは「スマートアジェンダ」と呼ばれる計画で、目的は地球全体を網羅する巨大電磁ネットワークを作ることです。家庭用電化製品、家電、食品や飲料品、動物、植物、人間も含めてすべてをこの地球グリッドに組み込んでしまおうという計画です。対象が移動すると、その動作もすべてグリッドを通してセンサー(塵)で感知されるようになります。スマートダストも放送と受信の両方ができるミニコンピュータとして機能します。「悪魔の塵」の異名を持つ技術です。これをマイクロ電子機械センサー(メムス MEMS)といいます。

2013年時点では米粒ほどの大きさだったこの技術も、今後はさらに小型化が進むでしょう。塵を空気中に散布することで、食品を介して人体に入り込みます。

スマートアジェンダは国連のアジェンダ21(アジェンダ2030)のことです。

スマートグリッドはIoT(モノのインターネット)のことです。

最新の5Gネットワークを使うことで、この計画が完成に近づきます。

この種の技術は人類の利益のために使用することができる反面、兵器にもなります。他の技術同様、技術は使う人次第で善にも悪にもなります。スマートダストの存在は、全人類の人権に対する脅威となり得ます。人類が技術を使役するのではなく、技術が人間を使うようになってしまうでしょう。

ナノチップとスマートダストの入れ方

ワクチン、遺伝子組み換え作物、生物工学食品、地球工学、それからケムトレイルも、実はすべてナノチップとスマートダストの計画と関係があります。実はこれらはナノチップやスマートダストを体内に注入するための「配送システム」なのです。ケムトレイルの中にスマートダストが含まれている場合、空気中に散布された塵は容易に体内へと侵入し、体内にある他の塵と通信を開始して独自のネットワークを構築します。そしてこのネットワークは遠隔操作が可能です。どんなに食べ物や行動に気を付けても、ケムトレイルで散布されたスマートダストを吸い込まないようにすることは困難です。

新世界秩序の犯罪者たちは、人類に入れたスマートダストやナノチップを通してIoTスマートグリッドと脳機能マッピングなどを組み合わせようとしています。

そして究極の目的である、遠隔操作による大衆の思考、感情、行動を操作(プログラミング)することで、地球上の全ての人の支配を実現しようとしています。

新技術はカッコよくて便利だとメディアが宣伝する

このような邪悪な目的があるということは当然ながら周知されることはありません。むしろ、この技術がどれだけ素晴らしく、カッコよくて、最先端で、流行っていて、効率的であるかが宣伝され続けるのです。特に「速くて」と「便利」という言葉がよく使われ、技術の施行が推進されていることに注目です。(人々はより速く、より便利なもののために自分たちの自由、健康、プライバシーをトイレに流しているのです)どこに行っても人工電磁波フィールドに囲まれている社会など、体にいいはずがありません。

こうして同調圧力を利用して人々に技術が押し付けられます。

「社会に適合するために、この技術を導入しましょう」と押し付けてきます。これまでの政府プログラムと同様、ナノチップも最初は任意で実施され、気が付けば義務化しているでしょう。入れ墨のインクを使って自ら自分の身体にチップを入れる社会は、既に存在しています。最近では、ウィスコンシン州にあるスリー・スクエア・マーケット社が社員にマイクロチップを入れて社内システム改善しようと奨励し始めました。

これは強制ではありませんでしたが、約半数(85人中41人)の従業員が自らチップの受け入れを選択したと報告されています。

どうすればチップを取り除けるか

第一に、正しい情報を得てください。ナノチップやスマートテクノロジーの本質と危険性を理解しましょう。第二に、どんな体のいい理由をつけられても、チップを入れることに絶対に同意しないでください。知らない間に遠隔操作されてもいいですか?良いわけが無いでしょう。第三に、すでに体の中にチップが入っていた場合、取り除いてもらいましょう。その方法はいろいろあります。マイクロチップであれば切除手術で取り除くことができます。(ナノチップは不可) ネオジム磁石などの磁石を使ってナノチップを無効化することもできると言われています。うまくいけば、体内のナノチップを不活性化、無効化ができるでしょう。今後、除去を容易に行える新技術も開発されることに期待しています。

最後に

人間のマイクロチップ化は、トランスヒューマニズムと同義です。

いつも注意を払い、すぐに信じ込まないように考える必要があります。技術は外科医が使うメスと同じです。それを使って患部を治すこともできれば、患者を殺すこともできます。ナノチップが良い目的にしか使われないと考えるのは無知な人のやる事でしょう。知ることが大事です。さもなければ技術は権力者に悪用され、「ユートピアに連れて行ってあげる」という嘘の約束で騙して、奴隷にされてしまいます。「ナノボット」は西洋医学の現場で治療に使われています。

この話は決してただの妄想ではありません。スマートグリッドが確立すれば、年中無休で監視され、追跡されるでしょう。どうすればそのような未来を避けられるのでしょうか?

答えは貴方の内側にあります。
どんなに優れた技術でも、あなたの精神と霊性、つまりあなたの真の力に取って代わることは絶対にできないのだから。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NOGI

翻訳がお気に召しましたら、サポートをお願い致します。翻訳活動を続けるモチベーションになります!

Victory of the Light!
NOGI
未翻訳のCOBRA関係の記事を翻訳します。 COBRA基本情報 (PFC-JAPAN OFFICIAL様): http://urx3.nu/IBCZ ブログ: https://goo.gl/2qjsiD イラストレーターファンザR: https://goo.gl/n5Se8y