新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

“売りのピーク”越えた株式相場――自動車・銀行…“嫌われ業種”に注目も

週明け13日(月)の日経平均株価の終値は455円10銭(2.3%)安の1万9043円40銭。先週1週間で1678円(9.4%)も上昇した反動もあるでしょう。じりじりと下げ幅を拡大してほぼ安値圏で取引を終えました。一つの特徴は商いが少なかったことです。東証一部では1兆6513億円と1月20日以来の低水準。緊急事態宣言の効果などを見極めたいとの雰囲気に加え、13日のロンドンやフランクフルトなどの市場が休場なことも影響したと思います。それからリモートワークの広がり。多分、いろいろな意味で慣れるまでは商いを減少させる方向の圧力がかかりそうです。

それはそれとして、すでに4月に入ったころから商いがガクッと減ってきていることに注目したいと思います。13日、日経CNBC朝エクスプレスの「マーケット・レーダー」に出演した東京東京調査センターの仙石誠さんは「さすがに売りが止まってきた」とみています。3月は市場波乱によるグローバル投資家の売りに加え、日本国内では3月期決算期末前の売りという時期的な需給要因がありました。冒頭の図表は東証一部の売買代金と日経平均株価を重ね合わせたものです。商いが減少するのとは裏腹に、株式相場が堅調さを取り戻している様子が鮮明です。

20.4.13 買い残比率

2番目の上の図表は、信用買い残高の東証1部時価総額に占める比率をみたもので直近で0.31%。これもリーマン・ショック時に匹敵するくらいの低さになっていて、投資家がある程度売り切った(売らされた)ことを示す一つの傍証です。仙石さんの見立ては「ファンダメンタルズが厳しいのはもちろんだけれど、売る主体がないのであれば、大して下げようがない」というものです。さてそうした環境下でどのような投資戦略が考えられるでしょうか?

20.4.13 DIと比率

次の分布図は縦軸に信用買い残の比率、横軸にQUICKコンセンサス(=アナリスト予想)の方向性(=下方修正が多いか、少ないか)をみたもの。左下にあるのは輸送用機器。いわゆる自動車セクターで、下方修正が多い(=業績を巡る環境が厳しい)けれど、信用買い残高比率は低い(=売る人はすでに相当売ってしまった)ということです。実は目かもしれません。左上に鉄鋼があることに若干違和感を感じました。強烈に下げてきた中で買いを入れる向きがある程度いたということでしょう。需給の整理はまだついていない可能性があります。右下には医薬品、卸売業、食料品や銀行などのセクターが見受けられます。「需給はそれほど悪くないけれど、業績面ではこれから悪いニュースに反応してしまうこともあり得る」グループです。

20.4.13 アンダーウエート業種

もう一つ別の観点からの仙石さんの分析。アクティブファンド(=ファンドマネジャーなどの分析に基づき有望な先に投資するタイプの投資信託)による2月末時点でのアンダーウエート業種上位です。ここでも輸送用機器、自動車セクターが目立ちます。そして銀行業がアンダーウエートトップ。まあ、言葉を選ばずにいえばこれらは「投資家から嫌われている」業種ということです。

自動車などの先行きの業況が芳しくはなさそうなことは今さら言うまでもないわけですが、株価の動きがその通りに動くとは限らないのが株式市場の面白いところ、そして難しいところです。嫌われまくっている業種でも「もうこれ以上悪いニュースも出ない」という状態になったら株価はむしろ上昇しやすいことがあります。あるいは相対的に下げ余地が小さいのかもしれません。

個人的に興味深いと感じるのは銀行です。正直言って中長期的には色々な課題を抱えているのは間違いないわけですが、今回の新型コロナショックでは相対的に業績に落ち込みは小さい可能性があります。あくまで相対的にですが……。中小企業のみならず金融による支援は非常に大切な時期を迎えています。端的にいって百貨店も工場も動くに動けない中で、銀行は店を閉めるわけにはいかない状況です。こんな時に頑張って経済を支える役割(これが本来の金融の役割だと思いますけれど)を果たしてくれるなら、ちょっと見直されてもよいとは思いませんか?

さて、こうしたアイディアの大前提は、今回の経済危機が金融危機にはつながらないこと。米FRBを始めとして各国の中央銀行が強烈に、金融のみならず企業を支えようとしていることは見逃せません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
6
日本経済新聞社に入社。証券部、日経マネーなどを経て、今はマーケット・経済専門チャンネル、日経CNBCで主に「朝エクスプレス」という番組を担当しています。幅広ーいことが経済やマーケットとつながっているため、どうしてもいろいろなところを「見て」「歩いて」「感じる」――日々です。

こちらでもピックアップされています

市場徒然歩記
市場徒然歩記
  • 67本

直居敦が「見て」「歩いて」「感じた」ことを書いてます。「朝エクスプレス」では毎日誰か、興味深いゲストをお迎えしています。番組は朝からせいぜい午前中。午後からは打ち合わせにいったり、証券取引所のある茅場町、日銀の本石町、その他、てきとーに色々なところをうろうろしています。そんななかで感じた雑感が「市場徒然歩記(しじょうつれづれあるき)」。投資のヒントがあるかもしれないし、全然ないかもしれません(笑)。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。