新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

個の力が重要になるリモートワークの時代に、オンラインでクリエイティビティの力を磨き、仕事に生きるつながりを、Nサロンでつくろう。

こんにちは、日経とnoteによる学びのコミュニティ「Nサロン」担当の永吉です。

新型コロナウイルスの影響で、多くの方が、在宅でお仕事をされているかと思います。

わたしたちNサロン運営もオンラインでコミュニケーションをとりながら、5月11日から始まるNサロンに向けて準備を進めています。

状況を見ながら進めておりますが、参加されるメンバーの方や講師の方、ご協力いただく方々の安全を第一に考え、ゼミや講座をすべてオンラインで行うことにいたしました。

Nサロンのゼミや講座は、講義ありグループワークあり、フィードバックタイムありの、インタラクティブな体験を軸に設計しています。オンラインでどのように体験できるのか、詳しくはこちらをご覧ください。

リモートワーク時代に求められる人材とは?

ここ数ヶ月間で、一気に様変わりした働き方。これを機に、Nサロンで体験できる学びの価値について、あらためて共有したいと思います。

Nサロンは、クリエイティビティの力を磨き、多くの人を巻き込んで、自分のやりたいことができるようになりたい人たちのために、ゼミを中心とした学びの機会をご用意しています。

Nサロンが生まれた背景には、働き方の環境変化があります。インターネットの発展により、個人やチーム単位でものごとを動かせる時代になっています。ここ数年で、プロジェクト単位で動く副業者が増えていたり、会社の外で新しいことをはじめている人たちが増えています。

そしていま、コロナの影響によって、わたしたちの働く環境はどのように変化していくのか、あらためて仮説を立てたうえで、Nサロンで体験できる学びの価値について、既にお申し込みくださっている方やこれから参加しようと考えられている方々に共有したいと思います。

【働く環境の変化1】アウトプット重視が加速するのではないか。

リモートワークの流れは、「withコロナ」および「アフターコロナ」時代において、なくなっていくことはなく、何らかのかたちで発展していくことが予想されます。

業務では、リモートコミュニケーションが中心になるため、口頭やテキストでのコミュニケーションやファイル共有など、ミーティング時にアウトプットを常に出せる人材がこれまで以上に組織から重宝されるのではないかと思います。

【働く環境の変化2】「キャリアの自立」が加速するのではないか。

企業のデジタルトランスフォーメーションの流れで、デジタルに強い人材を高い報酬で雇い入れる動きが今年から大手メーカーで始まっています。

日立製作所は職務や責任に応じた「ジョブ型」の報酬体系を採用している。富士通も20年度から幹部社員に導入する。終身雇用を前提とする多くの日本企業がこれまで採用してきた「メンバーシップ型」に比べ、特定分野のスキルごとに個人の能力を評価するのが特徴だ。一方で従業員は解雇されるリスクも高くなる。

企業のこのような動きにあわせて、これからの就職・転職も、強みを生かした職に就く活動へシフトしていくと思われます。

この流れは、リモートワークで自分のスキルに向き合う機会が増える環境では、より一層加速するのではないかと思います。

Linked in日本代表の村上臣さんは「キャリアの自立」が必要になるとおっしゃっています。

これまで会社員は会社に命ぜられるがまま、ローテーションによる職務変更や転勤など、社内キャリアを積んできました。つまり、キャリア育成は会社が考えることであって、自身が特に意識する必要がなかったともいえます。しかし、これからは「自分がどのようなスキルを伸ばすのか」「どのような働き方を選択するのか」といったことを客観的に把握し、その時々に選択していく「キャリア自立」が必要となります。

どんな学びが大切になるのだろうか?

このような時代において自分をアップデートしていくには、日頃の業務を遂行するのに加えて、学びの時間が大切になるのではないかと思います。

在宅で学ぶというと、動画で何かのノウハウを学んだり、専門知識を収集したりと、インプット重視のイメージが大きいのではないかと思います。

しかしながら、これからの時代に重要なのは、「アウトプット力」であり、人それぞれのアウトプットに独自性を出す要因となる「クリエイティビティ」だと私たちは信じています。

そして、リモート時代だからこそ、これからの「キャリアに生きるつながり」はとても大事になるのではないかと思います。

リクルートワークス研究所によると、変化の激しい時代においては、「パッケージ化された専門性の習得」よりも、常に「学び続ける」学習が必要になるといいます。

「対話」「アウトプット」から得られる気づきも学習要素として挙げられています。

形式化された知識を体系的に学ぶ学習だけではなく、ひととの対話や仕事を通して、あるいは自分の仕事や生き方を振り返ることで得られる気づき、さらには、何かを試してみたり、アウトプットしてみることから得られる気づきも学習です。

また、こちらのPDFには、社外学習がキャリアを「広める×深める」ことにおいて重要であることを示す調査が掲載されています。

キャリアに生きる「外とのつながり」が生まれる環境

Nサロンでは、これからの時代に必要なクリエイティビティ力の土台となる、「考える力」「伝える力」「巻き込む力」の3つをゼミで学ぶことができます。すべてオンラインでインタラクティブに行いますので、リモートでものごとを学んだり、メンバーや講師とコミュニケーションをとりながらアウトプットをつくったりしていきます。

実践的なアウトプットを前提にしたリモート訓練になります。楽しみながらそれができる機会はなかなかありません。この機会にぜひ参加してみてください。

Nサロンを詳しく知りたい

こちらのサイトで詳細をご覧ください。

参加するには?

参加するにはお申し込みが必要です。期間は2020年5月〜7月の3ヵ月。価格は69,800円(税込)です。こちらから受け付けています。


創刊140年、noteでは新人のNIKKEIです。励みにがんばります!
35
日本経済新聞社のスタッフによるアカウントです。 日経の各種サービスについての情報や、ニュースを皆さんに送り届ける裏側を、中の人としてお伝えしていきます。ニュースはこちらから。https://www.nikkei.com/

こちらでもピックアップされています

Nサロン 3期
Nサロン 3期
  • 18本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。