お勉強184:前立腺RTの再発にSBRTで再照射!

お勉強184:前立腺RTの再発にSBRTで再照射!


https://ro-journal.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13014-021-01839-w

前立腺がんが放射線治療で再発した時に
(遠隔転移がある症例も含まれているようだが)
6.5Gy*5Frのような定位照射を
PSMA-PETで陽性のところに打ち込む、という
サルベージ放射線治療
「放射線治療後の再発にサルベージ放射線治療かい」
というつっこみはディスカッションにもあるが、
結構いい成績。
(RT再発後で今までのデータで一番多いのは
この論文によると凍結療法らしい)

ポイントは
「CRPCになる前にする」(遠隔転移発生率が全然違う)
「ADTを組み合わせる」
「できるだけwhole glandにならないように尿道をスペアする
 (MRI造影とPSMA-PETを重ね合わせしてターゲット作成?)
「可能ならば直腸バルーン、スペーサーを入れる」
(一番問題になる直腸線量をしっかり落とす)
「マーカーを入れてVMAT照射」
とかとか。

成績的には
2 / 3年無再発生存は
84% and 79% (CSPC)
18% and 9%  ( CRPC) 優位差アリ

3年遠隔転移フリー死亡率はCSPCvs.CRPC  90% vs. 27%
GU 毒性II/III 27%/ 3% 晩期 GU 毒性GII/III 30% / 3%,
GIはrateに一名(3%) GIIのみ。

ブラキや凍結やHIFUとどう比較されるか…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中堅放射線腫瘍医。癌関連の記事を書き綴る予定。