見出し画像

日本ベッドのマットレス 4つのポイント:その1「フレックスアセンブリ」

日本ベッド製造株式会社

日本ベッドは1926年創業の、国内マットレスメーカーのパイオニアです。
「眠り」という視点から暮らしを捉え、日本ベッドの技術と経験を、製品として形にすることで、睡眠を通して皆さまの健やかな日々に貢献することが出来ればと願っています。

日本ベッドのマットレスのつくり方には、大きな特徴が4つあります。
ひとつずつご紹介して参りましょう。

point1:フレックスアセンブリ


フレックスアセンブリは、横になるときの体を均等に受け止めるユニット成型の技です。
ユニットスプリングユニット)というのは、ポケットコイルマットレスの芯の部分、ポケットコイルスプリングがまとまりになったもののことを言います。

日本ベッドのシルキーポケットマットレスは「千鳥組み」
細かいポケットコイルが密度高く並びます

日本ベッドは、独特の方法でこのまとまりをつくり上げています。

コイルスプリングが不織布のポケットに入れられたものが、いわゆるポケットコイルですが、スプリングマシンから出て来たポケットコイルは、まだ、ずらずらと帯状に長く連なっています。

コイルスプリングが一つ一つ不織布のポケットに入れられたものが「ポケットコイル」です
積み重ねられたポケットコイル
一つ一つのポケットコイルが長くつながった状態です

これを四角いマットレスの形に成型していかなければなりません。
このとき、まとめていくポケットコイルの上面と下面だけを、それぞれ不織布の帯でつないでいくのが、日本ベッドの独特な方法「フレックスアセンブリ」です。

成型時にポケットコイル同士を胴体で接着してしまう方法もありますが、こうすると、どうしてもユニットはしっかりと一体化し過ぎてしまいます。

ポケットコイル同士をどうまとめるか その方法にも
寝心地をどう生み出すかという発想の違いが現れます

日本ベッドにとってフレックスアセンブリが重要なのは、日本ベッドがマットレスの芯であるスプリングから寝心地をつくり出しているから。

スプリングユニットは日本ベッドのマットレスの寝心地の、大切な肝なのです。

ポケットコイル一つ一つを疎かにせず、業界の常識を超えるシビアさで製造。製造機械の緻密な調整も、自社の人間がこまめに行います。スプリングユニットの精度は、日本ベッドの自負するところです。

丁寧に製造されたポケットコイルの動きは、フレックスアセンブリによって、いっそう自由になり、よりしなやかに体を受け止めることが出来るようになります。

フレックスアセンブリは、日本ベッドの誇る寝心地を成り立たせる、大切な工程の一つなのです。

日本ベッドのコンセプトワード:
SleepQualia スリープクオリア  眠りの感性をカタチに
 
SleepQualia
とは:
クオリア=感覚質、数値化し難い心地よさ。ラテン語の名詞 qualitas もしくは qualis に由来します。英語の quality につながる言葉です。
何だか小難しい言葉、ですね。

SleepQualia スリープクオリア には、日本ベッドのマットレスメーカーとしての気持ちが込められています。

感性や技術、日本ベッドの職人がこつこつ積み上げて来たもの。
ある種の勘のようなもの、信念のようなもの。業界の常識を超えるような、日本ベッドにとっては「当たり前」の感覚、ストイックな姿勢。
マットレスという「眠りを支えるもの」を通じて、日本ベッドの職人が持つ、そういった「クオリア」は、製品の品質、つまり「クオリティ」を生み出し、ユーザーの方々の、データでは表現出来ないような心地よい「クオリア」になっていく。

そんな穏やかな循環を願って掲げられた言葉です。

夜は気持ちよくやすみ、朝は爽やかに目覚め、一日を健やかに過ごしていただける。
皆さまの日々がそんなふうに巡ることを、日本ベッドのマットレスがお手伝い出来るのなら、こんなに嬉しいことはありません。